ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

【常温】しょうがの保存方法

Photo by 稲吉永恵

しょうがは、常温で2週間程度保存できます。熱帯アジア原産のしょうがは、寒さや乾燥に弱いのが特徴。しょうがの好む環境は、温度は15℃、湿度90%なので、軽く湿らせた新聞紙に包み、風通しのよい冷暗所に保管しましょう。カゴやザルなどに入れておくと、通気性がよく長持ちしますよ。

皮ごとすりおろして薬味に使ったり、千切りにして和え物に入れたり、香りや辛味を楽しむのがおすすめ。使うごとに新聞紙を取り替え、適切な温度で保存できれば、2週間以上持たせることも可能です。

【保存方法】
1. 新聞紙を霧吹きで湿らせる(写真1)
2. しょうがはひとつずつ新聞紙で包む(写真2、3)
3. カゴやザルなどに入れ、15℃前後の風通しのよい冷暗所で保存する(写真4)

夏場は冷蔵庫へ

Photo by 稲吉永恵

しょうがの保存に適した温度(15℃)よりも高くなってしまうため、夏場は冷蔵庫で保存しましょう。新聞紙やキッチンペーパーに包んだしょうがをポリ袋に入れてから、冷蔵庫の野菜室へ入れてください。1〜2週間程度保存できます。

【冷蔵】しょうがの保存方法

Photo by 稲吉永恵

しょうがは一度カットすると、切り口から水分が出て傷みやすいです。長持ちさせるためには、丁寧な保存が必要。まず、水で洗ってきれいに汚れを取りましょう。でこぼこの部分は、スプーンでこそげ取ると洗いやすいですよ。

切り口をラップで覆ってから、キッチンペーパーで包みます。ポリ袋に入れてから、冷蔵庫の野菜室へ入れてください。ポリ袋の口を密封すると水滴が溜まり、しょうがが傷みやすくなるため、軽く閉めておきましょう。1〜2週間程度保存できます。

【保存方法】
1. しょうがはよく洗う(写真1)
2. 切り口をラップで覆う(写真2)
3. キッチンペーパーで包む(写真3)
4. ポリ袋に入れたら軽く口を閉めて、冷蔵庫の野菜室へ入れる(写真4)

水に浸すと長持ち

Photo by 稲吉永恵

しょうがをもっと長く冷蔵保存したい場合は、水に浸す方法がありますよ。きれいに洗ってから保存容器や瓶に入れ、しょうががかぶるくらいの水を注いでふたをし、冷蔵庫の野菜室に保存します。1ヶ月程度保存可能です。乾燥を防ぎ、みずみずしい状態で保存できますよ。水は2、3日おきに取り換えてくださいね。

【保存方法】
1. しょうがはよく洗う
2. 保存容器や瓶に入れ、しょうががかぶるくらいの水を注ぐ
3. ふたをして冷蔵庫の野菜室へ入れる

【冷凍】しょうがの保存方法

Photo by 稲吉永恵

しょうがを長期保存したいなら、冷凍しましょう。冷凍庫で1〜2ヶ月程度保存できます。ラップに包んで冷凍用保存袋に入れると、丸ごと冷凍保存可能です。もしくは、用途に合わせて薄切りや千切り、みじん切りにしておくと使いやすいですよ。

解凍するとしょうが特有のシャキッとした食感はなくなるので、加熱して使うのがおすすめ。炒め物や煮物の香りづけにしたり、うどんや鍋物の薬味に使ったりしましょう。丸ごと冷凍した場合は、凍ったまますりおろすと、そのまま薬味に使えて便利です。

【保存方法】
1. しょうがはよく洗う(写真1)
2. 薄切りや千切り、みじん切りなど、用途に合わせてカットする(写真2)
3. キッチンペーパーで水気をしっかり拭く(写真3)
4. 使う量ずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で保存する(写真4)

冷凍のすりおろししょうがは使いやすい

Photo by 稲吉永恵

冷凍のすりおろししょうがは、そうめんや冷や奴だけでなく、刺身や鍋物の薬味などさまざまな料理に使えます。温かい紅茶や牛乳、ワインなど、いろいろな飲み物に入れても楽しめますよ。みそ汁やスープに入れてもおいしいです。

すりおろししょうがは、ラップにのせて、平らに薄く包んで冷凍します。冷凍庫で1〜2ヶ月程度保存可能。簡単に包丁で切れるので、使う分だけ取り出せます。手でポキッと折ってもOK。使う量ずつ小分けにし、ラップに包んでおいても便利ですね。

【保存方法】
1. しょうがはすりおろす
2. ラップにおき、平らにして包む
3. 冷凍用保存袋に入れて、冷凍庫で保存する
※使用する際は、包丁でカットするか手で折って、使う量ずつ取り出してください。

編集部のおすすめ