生姜のベストな保存方法は冷凍?常温?保存期間の違いが気になる!

薬味や香りづけに人気の生姜。食欲増進にも一役買ってくれますよね。そんな生姜の保存方法はどうしていますか?生姜を長持ちさせられる保存の仕方や保存期間についてなど、生姜の活用に役立つ情報をご紹介。生姜の冷凍の仕方や保存食レシピもぜひ参考に!

2018年12月4日 更新

生姜の上手な保存方法

薬味、料理の隠し味、香りづけなど、いろいろな料理に大活躍の生姜。とくに暑い季節には食事をさっぱりとさせたいときの便利な食材ですよね。食べれば体がポカポカし健康にもよさそうです。

料理にすりおろした生姜を少し入れるだけでもよい風味がつきますし、常備しておけば便利な生姜ですが、その正しい保存方法はどうしたらいいのでしょう?冷蔵庫に入れた方がよいのか、保存期間はどれくらいが目安がご存知ですか?

保存に適した環境

生姜の保存に適していると言われているのは、気温15℃程度、湿度は90%くらいなのだそう。ただ、一般家庭ではこの環境を常時維持するのは難しいもの。

近しい環境は、室内で密封した容器に入れて放置すること。ただし、暑い時期を避けた11〜6月に限ります。室内の環境にもよりますが、この状態で約1ヶ月の保存が可能です。

気温が上昇する7~9月で室内が30℃を超すような場合は、冷蔵庫の野菜室に入れることをおすすめします。温度が低すぎるのもあまりよい環境ではないため、冬に室内が10℃以下になるような家屋の場合にも、野菜室で保存するのがよいでしょう。

常温で保存する方法

極端に暑い季節と寒い環境以外の時期に常温で保存する場合には、新聞紙や紙袋などで生姜を一つずつ包み、風通しの良い冷暗所で保存しましょう。

冷蔵庫で保存する方法

常温で保存が心配な季節には、新聞紙や紙袋で包んだ生姜を冷蔵庫の野菜室に入れて保存してください。低すぎる温度を避けるため、保存は野菜室がおすすめです。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう