夏が旬じゃなかった! 新生姜のおいしい時期&食べ方ガイド

辛味が少なく食べ易い新生姜は旬が限られていますが、もっともおいしく食べられる新生姜の時期をご存じですか?新生姜をおいしく食べられる時期や食べ方、おすすめのレシピなどもご紹介します。新生姜の時期を覚えて、おいしい生姜料理を食べましょう!

新生姜の旬、実は秋!

そもそも新生姜とは?

みなさんは根生姜と新生姜、それぞれの違いをご存知ですか?根生姜は、新生姜を乾燥させ、保存したものを指し、新生姜は収穫された直後の状態を言います。

新生姜は秋が旬

夏が旬の印象も強い新生姜、実は秋が旬。新じゃがや新玉ねぎなどとは異なるんですよ。露地栽培や無農薬で育てられる生姜などは春先に種植えがおこなわれ、11月頃に収穫を迎えます。

夏に出回る新生姜

新生姜の旬が秋と聞いてもピンとこない方もいるでしょう。夏になるとたくさんの新生姜がスーパーで並んでいるのを目にしているはずです。このイメージが強く、どうしても新生姜の旬が夏だと思ってしまう方が多いようです。

近年ではハウスでさまざまな野菜を作ることが可能になりました。生姜もハウス栽培によって、秋よりも前に食べられるようになったんです。おいしい新生姜が食べたいという声を聞き、ハウス栽培にも工夫がされ本来の秋の旬のほか、夏でも新生姜を食べることができるようになりました。

元来の新生姜を食べたい場合には、秋に出荷される新生姜を待って食べてみてくださいね。

新生姜と生姜の違いは?

普段たべている生姜は「根生姜」

旬などに関わらず一年中食べることができる生姜は、一般的に根生姜と呼ばれているものです。こちらの根生姜は通年出回ることが多く、どんなタイミングでもスーパーで購入することができますね。

根生姜の大きな特徴は全体的に固いということ。新生姜として収穫されたものをしばらく寝かせてから出荷しますので、水分が抜けて少し硬くなっているのです。

味の違い

新生姜と根生姜には味にも違いがあります。新生姜には甘みがあり、さらに水分をたっぷりと含んでいるので食感も柔らかく、スライスしたものに味噌などをつけるだけでも、おいしく食べられます。

一方、根生姜はぴりりとした辛味があり薬味向き。スライスしたものを生で食べることはあまりないですよね。根生姜は薬味の他、煮込み料理などに入れて臭み抜きに使用されることが多いでしょう。

美味しい生姜の見分け方

美味しい生姜を見分けるためには、以下のポイントを意識しましょう。

・凸凹部分がしっかりとしているもの
・できるだけ切り口がみずみずしく変色していないもの
・葉がついているものは、葉がみずみずしく、しおれていないもの
・チェックできる場合には香りが豊かで芳醇なもの
・葉生姜を選ぶ場合には実が引き締まっていて小さめのもの


このようなポイントに気をつけながら、生姜を選べばおいしいものが手に入ります。

生姜は腐るの?

生姜は悪くなった際に腐敗してドロドロになるようなことは、ほとんどありませんが、状態を確認して傷んでいる場合には食べるのをやめましょう。

・水分が抜けて見るからに購入した時よりも縮んでいる
・カットしたときにとても硬く、風味も著しく低下している
・葉しょうがの場合、葉の部分が腐敗し変色し始めている
・生姜の一部にカビが生えている


このような状態では傷んでいる可能性が高いです。カビなどが生えておらず変色していなくとも、風味は落ちていて料理に使ってもおいしくないでしょう。

新生姜のおすすめレシピ

新生姜が手に入ったら、どんなレシピで食べようかと考えるのも楽しいですよね。新生姜をおいしく食べるためのおすすめレシピをご紹介します。

1. 新生姜の甘酢漬け

新生姜の甘酢漬けはご家庭でも簡単に作ることができます。煮沸消毒した瓶に、湯がいた新生姜を入れてすし酢を入れたら一晩寝かせて完成です。炊き込みご飯と合わせるだけでもおいしい一品。また、魚介類やお肉の付け合わせにも良いですね。

2. 新生姜の炊き込みご飯

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう