ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

新生姜の旬は夏じゃないって本当!?

新生姜とは、収穫された直後の生姜のこと。一般的に「新生姜」といえば夏に旬を迎え栽培されているイメージですが、実は本当の旬は別にあるみたいですよ。今回は、そんな新生姜について詳しくお話しします。

新生姜は秋が旬

実は、収穫直後に食べられる白い新生姜は秋に旬を迎えます。夏よりもうすこし先に一番おいしい時期が訪れるんですね。新生姜は春先に種植えがおこなわれ、11月ごろに収穫されます。

夏に出回る新生姜

では、夏に新生姜が出回っているのはなぜなのでしょうか。確かに最近ではハウス栽培が一般的になり、旬ではない野菜もスーパーに並ぶような時代ですが、そのような理由ではありません。 夏に並ぶ新生姜は、秋まで待たずに早く収穫されているものなんです。秋ごろ獲れる白いものとは違い、茎が赤いことが特徴。基本的には甘酢漬けなどにして食べられています。

普通の生姜と新生姜の違い

それでは、わたしたちが日常的に口にする、いわゆる「普通の生姜」と新生姜にはどのような違いがあるのでしょうか。 実は、普通の生姜と秋ごろに獲れる新生姜は同じもの。新生姜を収穫してから数ヶ月ほど貯蔵され、市場に出回るのがわたしたちになじみ深い普通の生姜なんです。獲れたての新生姜はやわらかいですが、数ヶ月置いておくことで水分が抜けて硬くなります。

味の違い

両者は味わいにも違いがあります。新生姜は甘いうえに水分をたっぷりと含んでいるので食感がやわらかく、スライスしたものに味噌などをつけるだけでもおいしく食べられます。 一方、普通の生姜はぴりりとした辛味があり硬いため薬味向き。スライスしたものを生で食べることはあまりないですよね。薬味のほか、煮込み料理などに入れて臭み抜きに使用されることが多いでしょう。

おいしい新生姜の見分け方

おいしい新生姜を見分けるためには、以下のポイントを意識しましょう。 ・全体的に色が薄くみずみずしいもの ・表面にハリツヤが見られるもの ・早獲れのものは、茎部分が鮮やかな赤色であるもの
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS