生姜のベストな保存方法は冷凍?常温?保存期間の違いが気になる!

薬味や香りづけに人気の生姜。食欲増進にも一役買ってくれますよね。そんな生姜の保存方法はどうしていますか?生姜を長持ちさせられる保存の仕方や保存期間についてなど、生姜の活用に役立つ情報をご紹介。生姜の冷凍の仕方や保存食レシピもぜひ参考に!

2018年12月4日 更新

冷蔵

切った生姜、すりおろし生姜、ともに1か月を目安に保存してください。比較的日持ちしますが、時間が経つほど風味は損なわれますので、なるべく早めに食べるのがよいですよ。

冷凍

冷凍生姜の保存期間目安も1か月程度。まとめてすりおろして保存しておけば時短にもなりますね。

ドライジンジャー

乾燥させた生姜は、数ヶ月もつといわれています。こちらも色々な使い方をお試しください。
▼乾燥生姜で体ぽっかぽか!

生姜のおすすめ保存食レシピ

1. ジンジャーコーディアル

ドリンクや料理、お菓子にまで幅広く使い回せるショウガのシロップです。 鍋にショウガ・きび砂糖・シナモンスティック・クローブ・カルダモン・赤唐辛子を入れ、一晩寝かせます。そこに水とレモン汁を加え煮たら完成です。ザルでこして冷蔵庫で保存してくださいね。 「コーディアル」とは、元々は強壮作用のある食品、飲み物の事を指しているそうです。イギリスとオーストラリアでは、旬の季節に摘み取ったハーブやフルーツを使った濃縮タイプのドリンクのことをいいます。それを水で薄めて飲むのが一般的なのだとか。

2. 生姜の砂糖煮

皮を剥き、薄く切った生姜をたっぷりのお湯でゆでて、ザルにあげます。この工程を2回繰り返します。鍋に生姜と砂糖、水を入れて煮詰つめます。できたら、キッチンペーパーに広げてひと晩乾かせば完成です。 生姜が余ったときや、使い切れないときに手軽に活用していただけます。そのまま食べておやつしたり、お菓子作りの材料としても使えますよ。

3. はちみつレモン生姜

瓶にレモンとショウガ、レモンとショウガがかぶる位のはちみつを入れたらOK!冷蔵保存で2~3ヶ月程度もちますよ。飲みものやヨーグルトに加えたり、料理の甘味付けに使うのもよいでしょう。
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS