ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

大根の常温保存方法

Photo by leiamama

大根はまるごと1本なら、気温が高い夏を除き常温で保存ができます。ただし葉付き大根の場合、葉の部分から乾燥してしまうため葉は切り落としてください。霧吹きなどで少し湿らせた新聞紙で大根を包んで乾燥を防ぎ、涼しい場所に立てて保存しましょう。

保存期間

まるごと1本であれば、風通しのよい冷暗所で約1ヶ月ほど保存できます。泥付きの大根は、泥は洗い流さない方が長持ちしますよ。

大根の冷蔵保存方法

まるごと大根の場合

Photo by leiamama

大根は低温保存に適しています。常温保存も可能ですが、鮮度を保つため冷蔵庫での保存がおすすめです。大根をまるごと冷蔵庫に入れると場所をとるので、葉は切り落とし、保存スペースに合わせてカットしてください。

カットした大根を保存する場合は、軽く湿らせた新聞紙やキッチンペーパーなどで大根を包んでポリ袋に入れ、立てた状態で野菜室に保存しましょう。大根が立てづらいときは、牛乳パックやペットボトルを利用すると便利ですよ。

保存期間

皮付きのままカットした大根の保存期間は、1週間程度が目安です。

カット大根(厚めの輪切り・拍子切り)の場合

Photo by leiamama

皮をむいて厚めの輪切りや拍子切りにカットした大根は、そのままジッパー式保存袋や密閉容器に入れて保存します。保存容器に入れる場合、底にキッチンペーパーを敷いておくと余分な水分を吸い取ってくれますよ。

保存期間

冷蔵庫(野菜室よりも、温度が低い冷蔵室がおすすめです)で保存し、2~3日を目安に使い切りましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ