まるごと買っても大丈夫!大根が長持ちする保存方法のコツまとめ

味噌汁や煮物、大根おろしなど…日々の食卓に欠かせない「大根」。ですが、1本まるまる使い切るのは、なかなかむずかしいですよね。そんな人でも大丈夫!今回は大根のおいしさが長持ちする保存方法や、賞味期限などまとめてご紹介します。

2017年9月19日 更新

保存期間について

冷蔵保存の場合の保存期間は1週間〜10日ほどです。夏場であれば、冷蔵保存される方がおいかと思いますが、冬場の場合もすぐに使う予定がないのであれば冷蔵保存をおすすめします。

カットした大根の保存は?

1本丸ごと保存となると、冷蔵庫の場所も取ってしまいます。また、調理時のことを考えると、やはりあらかじめカットしておけば便利ですよね。そこで次に、カットした大根の保存についてご紹介します。

どのように保存すればよいの?

カットした大根は湿らせた新聞紙でくるむか、ラップで全体をくるんで保存しましょう。この時、切り口だけでなく大根全体をきっちりとラップで覆うのがポイントです。切り口を上にし、立てて冷蔵庫にて保存をしてください。

保存期間について

カットした大根の保存期間は約4〜5日です。カットすることによって、切り口から乾燥していくため、まるごと保存する場合と比べると少し短くなりますね。調理時のことを考えると便利なカット後の保存ですが、その分、保存できる日数は短くなることを覚えておきましょう。
3 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう