ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

ハロウィンおにぎりレシピ7選!

もうすぐハロウィンの季節がやってきます。今ではクリスマスに並ぶ人気イベントになったハロウィンですが、子どもたちだけでなく大人も楽しめるイベントに。仮装だけでなく、シーズンを盛り上げるために、毎日のお弁当にもちょっと手を加えてみてはいかがでしょう。そんなハロウィンにぴったりなおにぎりをご紹介します。

1. いまやハロウィンの定番!おばけおにぎり

なんといっても、一番人気はおばけおにぎりです。材料はごはんと海苔があれば大丈夫!作り方は、塩むすびをしっぽのついたおばけ型に握って、海苔で顔をつけるだけ。アクセントにケチャップでほっぺを描いたり、ハムで舌をつけてもかわいいですよ。 「食べたら顔が崩れる〜と泣いて食べなかった息子だけど、おばけなら食べる!と言ってた」なんてコメントがあるくらい、子どもたちにも人気のおにぎりです。

2. 青ざめた四角い顔のフランケンおにぎり

フランケンシュタインというと、青ざめた四角い顔が特徴ですね。そこでまずは青菜のふりかけなどで四角いおむすびを作ります。あとは海苔で髪の毛や傷あとを作り、目はスライスチーズ、鼻や耳は枝豆やグリンピースで飾りましょう。 緑のおにぎりをキャンバスに、怖くもかわいくもなるフランケンおにぎりの出来上がり。四角いお弁当箱を利用すれば、さらに簡単にフランケンシュタインが作れますよ。

3. ちょっとグロテスクな目玉おにぎり

インパクト大なのが目玉おにぎりです。泡立てたお醤油丸の上に昆布茶と茶葉と輪切りにしたオリーブのおにぎりをのせて、糸唐辛子などで飾りつければ完成♩夕ご飯に出てきたらお子さんもびっくりですよね!

4. 彩りになる黄色いかぼちゃおにぎり

かぼちゃはハロウィンのシンボルですね。カラフルな黄色やオレンジが彩りになるので、色合いのアクセントにもなります。刻んだかぼちゃをごはんに混ぜたり、ケチャップライスにしたり、すりおろしたニンジンでごはんを色付けしてもいいですね。目、鼻、ギザギザの口は海苔をカット。頭のヘタ部分は、枝豆やかぼちゃの皮を利用してもおもしろいかも。 こんなおにぎりが入っていたら、子どもたちもハロウィンが待ち遠しくなること間違いなしです。

5. 超簡単!ジャックおにぎり

忙しい朝におススメなのが、ジャックおにぎりです。塩むすびを丸くにぎって、カットした海苔で飾るだけで完成。いろんな表情ができて、いつものお弁当が一気にハロウィンモードになりますよ。 「ハロウィンの時期は息子の好きなジャック弁当♩」とお子さんのリクエストもあるようです。

特集

FEATURE CONTENTS