チーズや海苔でかわいく!「ハロウィンおにぎり」のレシピ7選♩

秋のメインイベントといえばハロウィン!最近では仮装だけではなく、料理やお弁当にハロウィンテイストを取り入れる楽しみも、イベントをさらに盛り上げているようです。手軽にできるハロウィンおにぎりの作り方や人気のキャラ弁を集めてみました。

ハロウィンおにぎりレシピ7選!

もうすぐハロウィンの季節がやってきます。今ではクリスマスに並ぶ人気イベントになったハロウィンですが、子どもたちだけでなく大人も楽しめるイベントに。仮装だけでなく、シーズンを盛り上げるために、毎日のお弁当にもちょっと手を加えてみてはいかがでしょう。そんなハロウィンにぴったりなおにぎりをご紹介します。

1. いまやハロウィンの定番!おばけおにぎり

なんといっても、一番人気はおばけおにぎりです。材料はごはんと海苔があれば大丈夫!作り方は、塩むすびをしっぽのついたおばけ型に握って、海苔で顔をつけるだけ。アクセントにケチャップでほっぺを描いたり、ハムで舌をつけてもかわいいですよ。

「食べたら顔が崩れる〜と泣いて食べなかった息子だけど、おばけなら食べる!と言ってた」なんてコメントがあるくらい、子どもたちにも人気のおにぎりです。

2. 青ざめた四角い顔のフランケンおにぎり

フランケンシュタインというと、青ざめた四角い顔が特徴ですね。そこでまずは青菜のふりかけなどで四角いおむすびを作ります。あとは海苔で髪の毛や傷あとを作り、目はスライスチーズ、鼻や耳は枝豆やグリンピースで飾りましょう。

緑のおにぎりをキャンバスに、怖くもかわいくもなるフランケンおにぎりの出来上がり。四角いお弁当箱を利用すれば、さらに簡単にフランケンシュタインが作れますよ。

3. ちょっとグロテスクな目玉おにぎり

インパクト大なのが目玉おにぎりです。丸い塩むすびに丸く切ったカニカマ、海苔などで飾りつければ完成♩お弁当箱を開けた息子さんが「むっちゃ怖かった!」とひと言。お母さんのドッキリ成功ですね。

4. 彩りになる黄色いかぼちゃおにぎり

かぼちゃはハロウィンのシンボルですね。カラフルな黄色やオレンジが彩りになるので、色合いのアクセントにもなります。刻んだかぼちゃをごはんに混ぜたり、ケチャップライスにしたり、すりおろしたニンジンでごはんを色付けしてもいいですね。目、鼻、ギザギザの口は海苔をカット。頭のヘタ部分は、枝豆やかぼちゃの皮を利用してもおもしろいかも。

こんなおにぎりが入っていたら、子どもたちもハロウィンが待ち遠しくなること間違いなしです。

5. 超簡単!ジャックおにぎり

忙しい朝におススメなのが、ジャックおにぎりです。塩むすびを丸くにぎって、カットした海苔で飾るだけで完成。いろんな表情ができて、いつものお弁当が一気にハロウィンモードになりますよ。

「ハロウィンの時期は息子の好きなジャック弁当♩」とお子さんのリクエストもあるようです。

特集

SPECIAL CONTENTS