つける食べ方

温野菜や、ふやかしたじゃがいもにつける食べ方もおすすめです。塩気の効いたリエットは、野菜との相性も抜群!煮詰まったお肉のエキスが、野菜の旨みを引き立ててくれるでしょう。

和える食べ方

リエットを熱する食べ方もありますよ。フライパンでリエットを温め、そこにゆでたパスタを和えてみましょう。あらかじめリエットには塩分とお肉の旨味が凝縮されていますので、新たに調味料を加える必要もありません!

リエットの作り方

細かくカットした野菜と豚肉をフライパンで炒め、固形スープを加えたら煮詰めていき、塩コショウや白ワインで味を調えましょう。仕上げはフードプロセッサでペースト状にし、容器に入れ替えて保管します。 食べる時には必要分だけ小さな器に取り出し、トーストやバゲットにつけて食べましょう。煮込む時間がかかりますが、材料も少なくシンプルな味付けで簡単にできるレシピですよ。

ツナリエットのレシピはこちら

お肉ではなく、ツナ缶を使い簡単に作れるリエットのレシピです。レモン汁やパセリを加えて、さっぱりとした味に仕上げましょう。クリームチーズを使い、コクをプラスしています。

リエットは通販でも購入できる!

henaff(エナフ)豚肉のリエット
保存のできるリエットは、家でも簡単に作れます。とはいえ、家で作るのが面倒な方は、通販でも購入することが可能ですよ。買っておけば、調理が面倒な際の救世主になってくれそうですね♪

リエットで本場フランスに行った気分に♪

リエットについてご存じだった方も、初めて聞いたという方も、食べたくなったのでは?お時間がある方は、ご紹介したレシピでぜひ手作りしてみてください!まずは通販で購入してみるというのもひとつの方法。 ぜひ、リエットを食卓に、おしゃれにフランスの家庭の味を楽しんでみましょう。フランスパンやお野菜も添えて、栄養バランスもよく家族みんなに嬉しい献立になりますよ。
▼詳しく説明できないフランス料理、まだあるんじゃない?
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS