ライター : migicco

神奈川在住。2歳の娘と一緒にくいしんぼうライフを送っています。好きなアイスは雪見だいふくです。

豚軟骨を上手に利用するレシピを大公開!

豚軟骨はコリコリしている軟骨の食感と、やわらかな肉質が楽しめるおいしい部位。精肉やブロック肉に比べて、値段がリーズナブルなことも魅力のひとつです。この記事ではそんな豚軟骨を上手に利用して作る、いろんなレシピをまとめて紹介。

定番の煮込みをはじめ、炒め物や揚げ物など、豚軟骨をさまざまな料理に変身させてみましょう。特に煮込み料理は圧力鍋を活用する調理法で、やわらかく仕上げるレシピも掲載。いままで豚軟骨の料理を作ったことがなかったという人も、レシピを参考にぜひチャレンジしてみてください。

豚軟骨を使用して作るおすすめの料理は?

豚軟骨といえばやはり、トロトロになるまでじっくりと煮込む料理が一番のおすすめです。ホロホロとくずれる肉のやわらかい食感と旨味、軟骨のコリッとした歯ごたえがたまりません。

豚軟骨とはあばら骨の先にある部位のことですが、のどの軟骨をスライスしたものもあります。豚のど軟骨は薄いので火が通りやすく、野菜と一緒に焼いたり炒め物にしたりするのにぴったり。野菜のシャキシャキ感と軟骨のコリコリ感が楽しめる、おいしいおかずやおつまみになります。

豚軟骨は下処理するとさらにおいしく!

煮込み料理はまず下ゆでする

豚軟骨を煮込みに使う場合は、ひと手間かけて下ゆでしておくと、独特のクセや臭み、汚れが取れやすくなります。鍋に水と豚軟骨を入れて加熱し、沸騰して5分たったら、ゆで汁ごとザルにあげてください。肉にアクが残っているので、流水で表面を軽く洗い流したら完了です。

煮込み以外の料理にはさらにゆでる

スペアリブ風のオーブン焼きや唐揚げを作るときは、あらかじめゆでておいた豚軟骨を使うとやわらかくて食べやすいです。

豚軟骨を下ゆでして鍋に入れ、ねぎの青い部分と生姜、塩やお酒、水を加えて加熱します。アクを取りながら、肉が好みのやわらさになるまでゆでたら、下ごしらえが完了。圧力鍋を使用すると、短時間で肉がやわらかくなるので、簡単に下ごしらえができます。

圧力鍋でも!豚軟骨の煮込みレシピ7選

1. 甘酸っぱい!豚軟骨のケチャップあん

豚軟骨を短い時間で手間をかけず調理したいときは、圧力鍋を使って作る煮込み料理がおすすめ。甘酸っぱいケチャップあんは、お子さんでも食べやすく、家族みんなでおいしくいただける味付けです。

つけ合わせはチンゲン菜やほうれん草など、青みのある野菜をゆでたり、ソテーするだけでOK。ケチャップあんを野菜に絡めてもおいしいですよ。

編集部のおすすめ