格上げ朝食でご褒美を♪クロックムッシュの作り方とアイデアレシピ10選

チーズがたっぷり入った「クロックムッシュ」は、見ているだけで食欲そそりますよね。今回はそんなクロックムッシュとはどんなものか、基本のレシピなどまとめてご紹介します。少しリッチな朝食を楽しみたい方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

2017年12月7日 更新

優雅な朝食「クロックムッシュ」

いつもの朝食をちょっぴりリッチなメニューにしたいときは、「クロックムッシュ」はいかがですか?クロックムッシュって聞いたことはあるけど、どういった食べ物かはわからない……という方も、もしかしたらいるかもしれませんね。

今回の記事では、そもそもクロックムッシュとはどういう食べ物なのか、クロックマダムとは何が違うのか、クロックムッシュのアイデアレシピなど、内容盛りだくさんでご紹介していきます!

クロックムッシュとは?

「クロックムッシュ」は、かつてフランス・オペラ座の近くにあるカフェで提供されていました。パンにハムとチーズをはさみ、バターを溶かしたフライパンで焼いたものを指します。さらに、ベシャメルソースやモルネーソースといったホワイトソースをかけたり、ゆで卵や野菜を入れることもあります。

名前の意味

クロックムッシュというのはフランス語で「croque-monsieur」と書き、直訳すると「かりっとした(croque)紳士(monsieur)」という意味です。由来は諸説ありますが、食べるときにトーストのカリッとした音が鳴ることが上品ではないとされ、男性用の食べ物とされたという説が濃厚。

今では日本でもカフェなどでも提供されており、もちろん男女問わず食べることができますが、さすがはフランス発祥と言われているだけあり、名前の由来もなんだかおしゃれですよね。

「クロックマダム」との違いは?

先述のとおり、クロックムッシュの「ムッシュ」は「紳士」という意味。それに対して「マダム」とは「淑女」のことで、クロックムッシュに目玉焼きをのせたメニューのことをクロックマダムと言います。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう