ライター : taki

料理家

調理師/食育インストラクター3級/薬膳アドバイザー。調理師専門学校を卒業し、和食/イタリアン/ベーカリー/ケータリングなど様々な店で修行後、おべんとう屋"takiben"を主宰(店舗販売は…もっとみる

そもそも「斤」ってどんな単位?

「一斤」という単位に正確な定義はあるのでしょうか? 食パン以外で使われることがあまりない単位ですが、気になりますよね。さっそく調べてみましょう!

中国の重さの単位

「斤」は漢字で書かれているところからも分かるように、元々は中国から入ってきた質量の単位です。数値は時代と地域により多少異なりますが、日本では1斤=16両=160匁(もんめ)とされていたのだとか。当時、1匁は3.75gと定義されていたので、1斤はおよそ600gとして使われていました。(※1)

アメリカ・イギリスの食パンひと袋

明治初期、日本に食パンが流通しました。当時は食パンの型がアメリカ・イギリスから輸入されており、これで作った食パンひと袋の重さは約1ポンド(約450g)。中国で使われていた「一斤」の重さは約600gなので、輸入食パンひと袋の約450gと差があります。(※2)

食パン一斤の重さには幅がある

「一斤」は、中国の約600gや、イギリス・アメリカのひと袋である約450gと定義が曖昧になっていきました。すると、今度は大きさや重さにもばらつきが出始めてしまい、いろいろな大きさの食パンが一斤として売られるようになりました。その結果、パン屋それぞれが一斤の大きさを独自で決めるようになったのです。

340g以上で一斤

食パンの定義である一斤の質量が決まらないと、消費者であるわたしたちも困ってしまいますよね。そこで、「日本パン公正取引委員会」が一斤の定義を340g以上と定めました

また「包装食パンの表示に関する公正競争規約」において、パンの包装に「一斤」「一斤は340g以上です」などの斤表示をするように義務付けました。この表示が任意表示から義務表示に変更されたのは、平成24年5月31日のことです。(※3)

510g以上は1.5斤

では、一斤以外はどのように表示されるのでしょうか。510g以上の場合は「1.5斤」、170g以上の場合は「半斤」「0.5斤」「1/2斤」と表示されます。また、さらに細かく306g以上は「9/10斤」「0.9斤」、255g以上は「3/4斤」と、しっかり決められています。

こうすることで、統一されたパンの内容量を保証できるようになりました。(※3)
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ