ライター : enid

食いしん坊ライター

体にうれしい「わかめ」の魅力

海藻のなかでもミネラル豊富な「わかめ」。成長期の子供からおじいちゃんおばあちゃんまで、年代を問わず親しまれている食材ですが、実際のところ栄養価はどれほどのものなのでしょうか?乾燥わかめを水で戻した場合の栄養素やカロリーを見てみましょう。

わかめの栄養素とカロリー

水で戻した乾燥わかめのカロリーは、100gあたり22kcal。わかめはミネラルが豊富とされていますが、カリウムやカルシウム、ヨウ素などのミネラル類が総じて多く含まれています。

また、ビタミン類でいうとビタミンA、ビタミンK、葉酸などの値が高いのも特徴。食物繊維も豊富なので、わかめは健康的な生活をサポートしてくれる食材といえます。(※1)

乾燥わかめ・塩蔵わかめ・生わかめの使用方法

乾燥わかめ

乾燥わかめは、一般的に家庭に多く出回っている水で戻すタイプです。水で5分程度、お湯なら2分程度で10倍以上に膨らみます。手軽に調理できるので、スープ、酢の物、おにぎりなど幅広い料理に使えるのが魅力です。

塩蔵わかめ

塩蔵わかめは、物産展や贈答品としても多く出回っていて「塩わかめ」と呼ばれています。塩もみして保存されているので “塩抜き” が必須。沸騰したお湯に10秒程度サッとくぐらせ、氷水で締めると、約3倍に膨れます。

生わかめ

生わかめは3月から5月あたりで市場に出回りますが、旬がとても短い食材なので見つけたらぜひゲットしておきたいですね!下処理は簡単で、茎の部分と葉の部分に分けてゆで、水できれいに洗うだけ。独特の歯ごたえとぬめりが楽しめますよ。

人気の酢の物も!わかめの副菜レシピ9選

1. 定番!きゅうりとわかめの酢の物

Photo by macaroni

きゅうりとわかめを甘酢で和える定番の副菜。甘味のあるさわやかな味付けに、きゅうりのシャキシャキ食感がたまらないひと品です。食材と調味料を和えるだけという手軽さもうれしいですね。仕上げに白いりごまを振りかければ、風味のアクセントになりますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ