栄養たっぷりのスーパー野菜!「おかわかめ」の効果や簡単レシピを紹介

栄養豊富な「おかわかめ」をご存知ですか?海藻のわかめのように粘り気のある食感がありますが、野菜の一種です。育て方次第では、グリーンカーテンにもできますよ。今回は、おかわかめの持つ栄養や食べ方、レシピについてご紹介していきます。

2017年7月29日 更新

おかわかめとは?

今、栄養豊富な「おかわかめ」が注目されています。「わかめ」という名前ですが、海藻ではなく土に根を生やすわかめで、野菜の一種です。わかめのような粘り気を持ち、コリコリした食感でとってもおいしいんですよ。ツルや根も食べられますし、家庭栽培も容易で、順当に育てればグリーンカーテンにもなってくれます。今回は、そんな「おかわかめ」の魅力について、ご紹介していきます。

別名は雲南百薬(うんなんひゃくやく)

おかわかめはツル性の多年草で、主に熱帯アメリカや熱帯アジアに自生しています。日本には、「雲南百薬(うんなんひゃくやく)」とも呼ばれる長寿の薬草として中国から伝わりました。現在では、人間の体に必要な6種類のミネラルが豊富に含まれていることから、健康野菜として注目されています。

わかめとおかわかめの違い

わかめは「海藻」、おかわかめは「野菜」です。おかわかめを茹でた状態の見た目や、コリコリとした食感、粘り気がわかめとよく似ていることから「丘わかめ(おかわかめ)」と呼ばれるようになったのではないかと言われています。

おかわかめの栄養成分

おかわかめには、健康維持に欠かせない必須ミネラルであるマグネシウム、亜鉛、カルシウム、ビタミンAなどがたっぷりと含まれています。健康野菜というよりも薬草ですね。では、おかわかめが持つ栄養を解説していきます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

YAMAKO

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう