30. 体の芯から温まる。ほうれん草とコーンの卵とじクリームスープ

ほっこり体の芯から温まるスープが飲みたい時は、ほうれん草とコーンの卵とじクリームスープがおすすめ。コンソメと牛乳を合わせたスープにほうれん草とコーンを入れます。さらに仕上げに溶いた卵をふんわり入れるのがポイント。お好みで塩や胡椒で味を整えてみてくださいね。

サラダやグラタン…ほうれん草×卵レシピ5選

31. まるでお花畑。サラダほうれん草のミモザサラダ

こちらは生のまま食べられるサラダほうれん草とゆで卵とみじんにカットしたミモザサラダです。ドレッシングはオリーブオイル、酢、塩胡椒のシンプルな味つけに。カリカリに焼いたベーコンが彩りと味のアクセントになっています。

32. 濃厚な味わい。卵とほうれん草のグラタン

卵好きにはたまらない!ボリュームたっぷりで濃厚なグラタンは、子供から大人までみんなで食べられる、体がポカポカになるひと品です。

缶詰製品は味が濃く、コンビーフやチーズで香ばしさが十分に表現できることから、塩胡椒はほとんど加えなくても、おいしいひと皿ができあがります。

33. 朝ごはんに最適。ほうれん草×ベーコン×卵のココット

小さいサイズの卵を買ったとき、通常の料理だと倍近く卵が必要になり不便ですよね。でもココットにのせる卵としてなら、逆にかわいらしく仕上がるのでおすすめです。

卵をのせるときには、別の容器に一度卵を割ってから、くぼませた中央部分にのせると綺麗に仕上がります。卵のまろやかさが加わって、おいしいですよ!

34. お弁当にもおすすめ。ほうれん草と卵の牛肉巻き

お好みの野菜を薄切り肉で巻く「肉巻き」はボリュームがあって、お弁当にピッタリ!ほうれん草と卵も均等に混ぜて肉で巻いてあげると、切り口が層になってとても綺麗ですよ。

しっかり味を染み込ませたい場合は、醤油やマスタードで肉に下味をつけてから蒸し焼きにすると良いでしょう。

35. モリモリ食べる!ほうれん草と炒り卵の中華サラダ

モリモリおかず感覚で食べられるサラダが、ほうれん草と炒り卵の中華サラダです。ゆでたほうれん草をお皿にのせたら、上から好みの固さの炒り玉子をのせます。さらに酢や醤油、ごま油などで作った中華ドレッシングを作ってかけましょう。彩りも綺麗で子供もたくさん食べてくれますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ