6. ごはんが進む!鶏肉とほうれん草とキムチの卵炒め

ほうれん草と卵の組み合わせに鶏肉が加わることで、ボリュームがアップ。さらにキムチが加われば、ごはんが進むメインのおかずになります。鶏肉は胸肉をそぎ切りにして使うと、食べやすいですよ。仕上げにかける黒胡椒も食欲をそそります。

ベーコン入りも。ほうれん草のキッシュ6選

7. ベーコン入りは鉄板!ほうれん草のキッシュ

ベーコンを入れたキッシュは旨味たっぷりなので、ほとんど調味料を加えなくてもいいのが嬉しいですね。じゃがいもやズッキーニといった旬の野菜を加えてもおいしいですよ!

冷凍パイシートを使えば、作業も簡単。パイシートは型に敷き詰めたあと、焼く直前まで冷蔵庫で冷やしておくと、サクッとした仕上がりになります。

8. エビがプリプリ!エビとほうれん草のキッシュ

魚介好きの方は、エビとセットでキッシュを作るのはいかがでしょうか?お菓子で使うタルト型いっぱいに作るので、ちょっとしたパーティーのおもてなしとしてもピッタリです。

レシピには、ガスオーブンを使った場合の調理時間が記載してあります。温度・焼き時間は、ご家庭のオーブンによって異なるので、調節してみてくださいね。

9. とっても簡単!サーモンとほうれん草の和風豆腐キッシュ

豆腐でかさ増しをすると、ボリュームが出るのにとってもヘルシーです。主な味付けは、めんつゆでシンプルに!チーズのクリーミーさ、香ばしさもプラスされておいしいですよ。

トースターで作れるので、オーブンがない方でも安心です。チーズが焦げないように、アルミホイルで調節してあげましょう。

10. おしゃれなひと品。きのこと生ハムのキッシュ

きのこの風味と生ハムの塩気がマッチした、おしゃれなレシピです。工程はすこし多いですが、作業ひとつひとつは簡単なので、初心者の方もぜひ挑戦してみましょう♪

アパレイユはクリーミーなので、仕上げにはケチャップがとっても合います。生ハムには塩気があるため、食材に塩胡椒をかけすぎないよう注意しましょう。

11. 生地不要!簡単バゲットキッシュ

バゲットをパイに見立てて土台にするのは、とってもおしゃれですね♪ ちょっとしたランチに持参してもかわいらしく、パーティー料理としても最適なのです。

キッシュの具材はお好みでOK!ほうれん草以外に、きのこ・ベーコン・パプリカなどと合わせて彩りよく盛り付けましょう。コンソメ×チーズの味付けで、まるで持ち歩ける野菜スープのようです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ