ほうれん草の保存期間は冷凍で長持ち!おいしいレシピに有効活用

ほうれん草ってどのように保存していますか?冷蔵?それとも冷凍?正しい保存方法とおすすめレシピをご紹介します。葉物野菜のため、どうしても葉先がしなびてしまいがちですが、保存方法のコツを押さえればおいしさはそのままで長持ちさせることも可能です。

ほうれん草をおいしく保存

栄養満点、彩りも良くなり、料理のジャンルを問わずに使えるほうれん草。ですが、葉物野菜というだけあって、日持ちしないのが難点ですよね。そんなほうれん草のおいしさを損なうことなく、長く保存する方法があることをご存じですか?

葉物の野菜はどうしでも乾燥に弱く葉先が痛みがちですが、コツを押さえれば、シャキッとみずみずしいほうれん草の状態で保存することができるのです。今回は、そんなほうれん草の保存方法とほうれん草を使ったおすすめレシピをご紹介します。

おいしく食べられる期限と保存方法!

ほうれん草は寒さに強い野菜のため、低温障害の心配がありません。そのため、冷蔵庫での保存に向いており、冷やして保存するのが基本です。

どうしても常温保存する場合、短期間であればできなくはありませんが、季節によっては数日で傷んでしまうこともあるため、できるだけ早く食べて切るようにしましょう。また、常温保存する際は、なるべく直射日光が当たらない涼しいところを選ぶようにしてくださいね。

そして、ほうれん草は水分が蒸発しやすい野菜のため、保存する際は葉が乾燥しないようにするのがポイントです。そこで次に、ほうれん草をおいしい状態のまま保存する方法をいくつかご説明します。

そのまま冷蔵庫で保存

買ってきたほうれん草をそのまま保存する場合は濡らした新聞紙でくるみ、ビニール袋かラップで包んでから冷蔵庫に入れます。新聞紙で保湿してから空気に触れないようにすることにより乾燥を防ぎます。新聞紙が家にない場合は、キッチンペーパーを濡らして固く絞ることでも代用できますよ。

このとき、ほうれん草の葉を上にして、茎が下になるように立てて冷蔵庫へ入れることができると理想的です。ほうれん草が畑にいるのに近い状態にすることで、より長持ちさせることができます。

また、シャキッとした葉の状態を長く維持させたい場合は50度洗いが有効です。48度から52度くらいのお湯で1分から2分、ジャバジャバ洗うと鮮度と栄養分が増し、保存期間も延びます。50度洗いをすると、葉先が見るからにシャキッとしてくるので見ている方もとても楽しくなりますよ。

50度のお湯は熱湯と水を半分ずつ混ぜたり、給湯器の温度を上げると簡単に用意ができます。50度洗いをしたあとは濡らした新聞紙でくるみ、ビニールかラップで包んで冷蔵庫で保存しましょう。これで1週間程度は保存できます

茹でてから冷蔵庫で保存

ほうれん草は茹でると保存期間が一気に短くなり、傷みやすくなります。ですが、お浸しなど、茹でて置いておけばすぐに食べられるので便利ですよね。

茹でたほうれん草を保存する場合は、冷ましたあとにしっかりと水分を手で絞ってください。水分が多く残っていると味が落ち、痛んでしまう原因にもなります。また、せっかくの栄養分も水と一緒に流れ出てしまいます。保存する際はジッパー袋やラップで空気に触れないようにし、冷蔵庫に入れましょう。これで2日から3日は保存ができます

茹でてから冷凍庫で保存

茹でたほうれん草は冷凍保存も可能です。熱湯にサッとくぐらせる程度に固めに茹でたら、冷水にさらします。こうすることでアクを抜くことができ、また変色を防ぐこともできます。ただ、茹ですぎると、いざ食べるときにベちゃっとした食感になってしまうため、茹で時間には注意してくださいね。

その後はしっかりと水分を手で絞り、ラップで包んでジッパー袋に入れて冷凍します。冷凍すると塊のまま凍って切れなくなるので、使いやすい分量に小分けにしておくと便利ですよ。また、使うときは解凍せず凍ったまま調理してください。炒め物やスープに入れるのが便利でおすすめです。この方法で1か月程度は保存できます

フレッシュなほうれん草の選び方

スーパーに並んでいるほうれん草の選ぶときはどのようなものを選んでいますか?

注目すべきは葉、茎、根元の色と形です。ぜひポイントを覚えて新鮮でおいしいほうれん草を選んでください。

まず葉を見るときは、裏側を見ましょう。葉の裏側が濃い緑色のものは栄養満点です。そして分厚く、葉先がシャキッとみずみずしいものが新鮮なほうれん草の証です。

次に茎です。茎が太すぎるほうれん草は成長しすぎでアクが強い可能性が高いため、避けた方がいいでしょう。そして葉が茎の下の方から生えているものを選んでください。

最後に根本です。根元は大きくて赤みが強いものがおいしいほうれん草です。この赤い部分は切り落としてしまいがちですが、栄養豊富なのでぜひ食べてみてくださいね。そして、切り口がみずみずしいものを選びましょう。

全体的にくたっとしているほうれん草は鮮度が落ちているので、そもそも避けた方が
いいですね。ビニールで包まれた状態で売られていることが多いため、ひとつひとつ手に取り、まずは上から覗いて確認してみてくださいね。

まだ食べられるか確かめたい!

ほうれん草は傷んでいるかどうかが比較的わかりやすい野菜です。今回は、匂いと見た目からの判断基準をご紹介します。

まず、手に取った際にくたっとなる場合は要注意です。葉先が黄色く変色していたり、枯れている場合は傷んでいると思って良いでしょう。

また、葉先がドロついているときも傷んでいます。傷みが少ない場合、取り除けば残りは食べられるのでしっかり確認してくださいね。ドロッとした部分は水洗いをすると簡単に取り除けます。匂いを嗅いで異臭がしている場合は、残念ですが思い切って破棄した方がいいでしょう。

ほうれん草は茎や根元ではなく葉先から傷んでいくので、葉先は特に注意してチェックしてくださいね。

おいしいほうれん草のレシピ

それでは、次にほうれん草を使ったおすすめレシピをご紹介します。新鮮なものはサラダに、少し時間の経ったものや冷凍保存したものは火を通しておいしくいただきましょう。

ツナマヨほうれん草サラダ

パプリカ、ほうれん草、ツナ、マヨネーズの4つの材料をまぜるだけで作れる時短サラダです。パプリカとほうれん草で彩りも良く、ツナも入るので栄養たっぷり!マヨネーズとしょうゆでを合わせることで、少し和風で食べやすい味に仕上がっています。何より見た目がキレイなので、お弁当のおかずにも良いですね。

ほうれん草のクリームパスタ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう