ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

ほうれん草は購入したらすぐレンチン!

ほうれん草はカロテンやミネラルが豊富で、いろいろな料理に使える万能食材です。葉物野菜のなかでも、特に傷みやすいほうれん草。栄養素をなるべく失わずに摂取するには、ほうれん草の鮮度を落とさないことが肝要ですよ。そのためにぜひ実践してほしいのが、購入して持ち帰ったほうれん草をすぐに下ゆですること。

時間が経過するほど鮮度は落ち、豊富な栄養素も失われます。ただ、下ゆでが高い栄養価を保つために有効とは言え、意外と面倒ですよね。ほうれん草を買うたびにお湯を沸かしてゆでるのは手間がかかります。

そこで、下ゆでと同じ効果を得られる「電子レンジで加熱する方法」を試してみませんか。電子レンジなら、いちいちお湯を沸かす手間がなく、ゆで上がるのを待つ時間も節約可能。とても楽チンですよ。(※1)

レンジで簡単!ほうれん草のゆで方

1. ほうれん草を洗い、ラップで包む

ほうれん草をしっかり洗って汚れを落としたら、ラップでぴったり包みます。このとき、1束ずつ葉と根元を交互においてラップで包むと、ムラなく火を通すことができますよ。

2. 電子レンジで加熱する

ラップに包んだら、電子レンジ600Wで約3分加熱しましょう。加熱するほうれん草が2束以下の場合は、3分加熱すると火が通り過ぎるおそれがあるので、少しずつ様子を加熱してください。

3. 粗熱を取る

加熱後、水をはったボウルにほうれん草を入れ、粗熱を取ります。水にさらすことで、色鮮やかな緑色になり、ほうれん草のえぐみ成分「シュウ酸」の含有量を軽減することができます。

※シュウ酸が気になるかたはお湯でゆでることをおすすめします。(※2)

4. 水分を絞る

ほうれん草を水からあげて束ね、ギュッと水分を絞ります。えぐみの少ない品種の場合は、水にさらす工程を省略し、粗熱がとれたら水分を絞るだけでもOK。これで、お湯で下ゆでしたのと同じ状態となります。

レンジ調理のメリット

編集部のおすすめ