具材は2つだけ!アレンジ自在の「常夜鍋」のレシピ&つけだれアイデア

常夜鍋とは、材料は豚肉とほうれん草などの青菜だけとシンプルなのに、ひと晩中食べたくなるほどおいしいという名前がついた鍋料理。たれやしめを変えればバリエーションは無限大。今回はそんな常夜鍋のレシピとアイデアをご紹介します!

常夜鍋ってなに?

「常夜鍋」は「じょうやなべ」と読むのが一般的ですが、「じょうよなべ」や「とこやなべ」と読むこともあるようです。常夜鍋は、ちり鍋の一種で、豚のちり鍋とも呼ばれます。

謎が多い常夜鍋の由来と歴史

芸術家であり美食家としても有名だった北大路魯山人。彼について書かれた著書によると、常夜鍋は中国から伝わったとされているようです。魯山人説では、「宵夜鍋」と表記して「じょうやなべ」と読んでおり、宵のうちから食べ始めて夜中まで食べ続けるほどおいしいという意味だといわれています。

豚肉とほうれん草や小松菜といった青菜を使ったちり鍋は、毎晩食べても飽きないほどおいしい鍋とされていたんですね。

常夜鍋の基本レシピ

常夜鍋の基本レシピです。作り方はとっても簡単!だしに酒やしょうがを入れ、ひと煮立ちさせたらしょうがを取り出します。そこに豚肉とほうれん草を入れ火が通ったらできあがりです。シンプルにポン酢で召し上がれ♪

常夜鍋のつけだれアレンジレシピ3選

1. ケンタロウさんのたれで常夜鍋

テレビでも有名な料理家ケンタロウさんのつけだれレシピです。たっぷりの大根おろしに醤油やごまとごま油、そしてオイスターソースを混ぜて作ったたれに、大根おろしをたっぷり入れたら完成♪

2. 梅ポン酢だれの常夜鍋

ポン酢に梅干しを加えて作るつけだれのレシピです。梅干しのタネを取り、ペースト状になるまで包丁で叩きます。豚肉の甘い脂と、梅干しとポン酢の酸味が相性抜群!つけだれとしても、かけてもおいしいですよ。

3. ピリ辛だれの常夜鍋

コチュジャンでピリ辛に仕上げるつけだれのレシピです。だし汁に酒、みりん、ポン酢を入れ、そこにコチュジャンを加えて混ぜたらできあがり♪ ピリリとした辛さとこってりしたコチュジャンとさっぱりしたポン酢が、いつもと違う常夜鍋にしてくれます。

常夜鍋のしめものアイデア3選

1. 雑炊

鍋のしめの定番といえば雑炊ですよね。豚肉とほうれん草のうまみがたっぷり出ただしをご飯が吸って、おいしいんですよ。一度ご飯は水で洗って表面のぬめりを取ってからお鍋に入れることがポイント!卵を入れてネギを散らして召し上がれ♪
▼おいしく作るコツはこちら

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう