豆板醤で代用できる?自家製コチュジャンの作り方と人気レシピ

辛い料理を作る時には欠かせない、コチュジャンと豆板醤。見た目が似ているため、代用している方も多いと思いますが、実際代用は可能なのでしょうか。今回は、その違いや自家製コチュジャン、豆板醤の作り方、人気レシピをご紹介します。

コチュジャンと豆板醤は違う?

コチュジャンと豆板醤。どちらもアジア発祥の辛い調味料で、色も質感もなんとなく似ていることから、中身は同じだと思っている方が多いのではないでしょうか。

似ているようで実は違う調味料のコチュジャンと豆板醤。それぞれの味の違いと使用方法、代用は可能かなど、詳しくご紹介します。

上手に使いこなせば料理のレパートリーも増える万能調味料なので、ぜひこの機会に覚えてくださいね。

コチュジャンとは

粉状の唐辛子と大豆麹、もち米粉から作られる韓国発祥の調味料。麦芽の上澄みでもち米粉を練り、唐辛子、大豆麹、塩を入れて、オンギという甕(かめ)で発酵させて作られます。

唐辛子特有の辛さはありますが、大豆のたんぱく質から生まれるアミノ酸の旨みと、デンプン質が分解してできる甘みが調和したマイルドな辛みが特徴です。最近は、砂糖や水飴などで甘みが加えられたものも多く売られていますよ。

韓国料理にはかかせない調味料のひとつです。日本でいう醤油のように、韓国では日常的に使われています。

豆板醤とは

中国四川省が発祥の、辛みと塩気が強いのが特徴の調味料です。そら豆と唐辛子を発酵させて作ります。現在は辛い調味料として知れ渡っていますが、もともとはそら豆だけを発酵させたものだったのだそう。

四川省のように高温多湿な地域では、健康のために食欲を増進させ、発汗を促す辛いものを食べているため、麻婆豆腐に代表される四川料理には欠かせない調味料のひとつです。

加熱すると香りが増してさらにおいしくなるため、具材を炒める前に油とともに加熱すると味が引き立ちますよ。

コチュジャンと豆板醤の違いは?

気になるコチュジャンと豆板醤の違いは、どこにあるのでしょうか。どちらも唐辛子の辛みがあるのは共通していますが、甘みや旨みが特徴の韓国産の唐辛子で作るコチュジャンに比べて、豆板醤は辛みが強く甘さが少ないという違いがあります。

この機会にぜひ食べ比べてみてくださいね。

代用はできるの?

これまで説明してきたように、コチュジャンと豆板醤は根本的に材料が異なります。味も大きく異なるので、代用できないことはないですが、あまりおすすめしません。

しかし、他の調味料も混ぜながら代用すると、近い味を作ることはできそうですね。たとえばコチュジャンがない場合、豆板醤に甜麺醤を混ぜると若干近いものになります。

逆の甜麺醤の代わりにコチュジャンを使い麻婆豆腐を作ることもできますが、やはり仕上がりはだいぶ違うものになってしまうようです。

コチュジャンも豆板醤もないときは

コチュジャンも豆板醤もあまり使わず、買うのがもったいないと感じる方もいるのではないでしょうか。どちらもなくても、他の調味料を合わせることで代用することが可能です。

自家製コチュジャンの作り方

鍋に味噌、水飴、醤油、酒を入れてよく混ぜ合わせます。かき混ぜたら、焦げないように混ぜながら10分間火にかけます。そこにきび砂糖、韓国唐辛子(粉末)を加えてしっかりと混ぜ合わせれば完成です。

冷蔵庫で保存すれば、半年は持ちますよ。

自家製豆板醤の作り方

空豆を茹でて薄皮もむいたら、潰します。米麹、唐辛子、味噌、塩を加えます。全体が混ざったら、あとは瓶に入れて冷蔵庫で3か月ほど発酵させれば出来上がり!

特集

SPECIAL CONTENTS