24. おかかでおいしさアップ!ほうれん草入り卵焼き

定番のほうれん草入りの卵焼きにおかかをプラスいてみましょう。作り方はゆでたほうれん草の真ん中にかつお節を置いて事前に丸めておくこと。後は卵焼きで巻いていくだけです。食べる際は、中心のかつお節の部分に醤油をつければ、より旨味が口の中に広がります。

ふんわりやさしい。ほうれん草と卵のスープ6選

25. 朝食にピッタリ!ほうれん草のかきたま汁

ほうれん草の緑色と、卵の黄色が彩り豊かなかきたま汁。味噌汁にして、朝食にいただいてもおいしいですね。

卵はヘラなどでよく混ぜておくと、ムラがなく綺麗に仕上がります。卵を入れるのは火を止める直前で、軽く火を通す程度にするとふわふわ食感が楽しめますよ。

26. メイン料理にも!酸辣湯風鶏むね肉とほうれん草の卵スープ

ボリュームたっぷりの鶏むね肉入りなので、メイン料理として食べることもできるスープです。酸味と辛味が絶妙な酸辣湯風の味付けで、ほうれん草と卵によく合います。 鶏むね肉は酒と片栗粉に漬け込んでおくことで、ぷりっとやわらかな食感に。ラー油が利いたとろみのあるあるスープは、一年中楽しめそうです。

27. 具材たっぷり! エビ団子とほうれん草のかぶみぞれ汁

しいたけ・生姜・エビなどから出る自然な出汁がポイントの、健康志向のスープです。かぶには「アミラーゼ」「フラボノイド」といった成分が含まれるのですが、加熱に弱いため加えたらすぐ火を止めるか、仕上げに添える程度にしましょう。

28. 出汁不要!たけのことほうれん草の中華スープ

素材そのものの旨味でスープが飲めたら、健康志向で良いですよね。お肉・魚介類はそういった旨味が多く含まれているので、必要に応じて活用していきましょう!

豚肉・中華干しエビをよく炒めることで、旨味が強くなります。お好みで醤油の代わりにナンプラーで味付けしても、独特の味わいとなりおいしいですね。

29. クリーミーでまろやか♪ 豆腐の豆乳汁

豆腐と豆乳を使った、イソフラボンたっぷりの女性に嬉しいスープです。 味わいはだし汁がメインなので、豆乳が苦手な人でも比較的飲みやすいでしょう。

豆乳は長い間高温で煮詰めることで、分離しやすい傾向にあります。豆乳を加えてからは、なるべく弱火でサッと煮るようにしてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ