【実践】時短&節約!「ゆで卵」の超簡単な作り方&剥き方ガイド

お弁当や朝食に食べる人も多い「ゆで卵」。もっと簡単に作れたらいいのに……そんな風に思ったことはありませんか? お鍋でゆでる以外にも、ゆで卵の簡単な作り方はあるんです。ほんの数分火にかければあっというまにできる、驚きのゆで方もご紹介します!

2019年6月25日 更新

「ゆで卵」の簡単な作り方をマスターしよう

鍋の中に入った卵4つ

Photo by macaroni

お鍋に卵を入れてゆでればできる「ゆで卵」。しかし、そんな単純なゆで卵はゆで時間がちょっと違うだけで想像していたものとまったく違う、なんてことも多いですよね。

半熟や固ゆで、ほぼ生に近いとろとろ具合など、好きなゆで加減にするには一体何分ゆでたらよいのか、この記事では作りたいゆで卵を簡単にきれいに作る方法をご紹介します。

※ご紹介する加熱時間は、お使いの機器や火力などによって前後する場合があります。

時短すぎ!ゆで卵の超簡単な基本のゆで方

まずは、鍋を使った基本のゆで方からご紹介します。たっぷりのお湯を用意する必要も、仕上がりの固さによってゆで時間を変える必要もありません。

手順

鍋に卵とおたま1杯分の水を加えている様子

Photo by macaroni

1. お鍋に、常温にもどした卵を入れ、おたま1杯分の水を入れます。
フタがされた鍋と、3分のタイマー

Photo by macaroni

2. フタをして強火で3分加熱したのち火を止め、半熟卵の場合はフタをしたままさらに3分放置して完成です。
たっぷりの冷水に入ったゆで卵2つ

Photo by macaroni

3. ゆであがった卵は、冷水にしばらくおいてから殻を剥きましょう。

固ゆでにしたい場合

白いお皿にのった固ゆでのゆで卵

Photo by macaroni

放置時間を6分にすると、固ゆで卵が作れます。今まで通りたっぷりのお湯でゆでるときは吹きこぼれやヒビ割れに注意しなくてはなりませんが、この方法ならその心配はいりません。好みに合わせて固さが調節できるのもうれしいポイントです。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう