1分でふんわり♩生クリームを簡単に泡立てる裏ワザ、知ってる?

生クリームの泡立て、上手にできていますか?ハンドミキサーがあれば比較的簡単な生クリームの泡立てもホイッパーを使ってやろうとすると上手に泡立てられないこともありますよね。ハンドミキサーなしでふわふわの生クリームの作り方をご紹介します!

2018年12月4日 更新

上手な生クリームの泡立て方

お菓子作りに欠かせない生クリーム、ふわふわのクリームをデコレーションしたいところですが、ハンドミキサーがないと、なかなか上手に泡立てられないこともありますよね?

ホイッパーをつかった手動でもちょうどよく角がたつ生クリームの作り方があります。今回は上手あ生クリームの泡立て方をご紹介。ホイップする際のコツやポイントをおさえて、理想の生クリーム作りに挑戦しましょう!

「生クリーム」と「ホイップ」の特徴

スーパーなどに行くと「生クリーム」と「ホイップ」という商品がありますよね。どちらもお菓に用いる生クリームの材料になりますが、そもそもこのふたつの違いや特徴をご存知でしょうか。ふたつの違いを知って使い分けると、よりお好みのホイップクリームを作ることができると思いましょ。

「生クリーム」の特徴

「生クリーム」は、脂肪分の高い動物性のものを指します。お店などの商品をみると、純生などの記載があるものも目にします。「純生クリーム」は泡立ちやすくコクと濃厚な味わいも特徴。

牛乳を分離し、乳脂肪のみにした脂肪分が18%以上のものを基本的にクリームと呼びます。クリームには添加物を使用しないのが基本です。味の淡白なスポンジケーキやビスケットなどと合わせるのがよいですね。もったりとしたクリームは、お菓子のデコレーションに多く使われています。

「ホイップ」の特徴

「ホイップ」は、植物性の材料で作られたもので、泡立つまでに生クリームよりも時間がかかりますが、脂肪分が少ない分、あっさりとした味わいです。

「乳化剤」や「安定剤」などの添加が入っているホイップは、泡立てすぎても分離しにくいとい特性もあります。乳臭さが少ないため、牛乳が苦手な人はこちらの方が使いやすいでしょう。
▼保存性はどれくらい?生クリームを賞味期限についてはこちらでチェック
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう