ほろほろ「ビーフカレー」の基本レシピ。圧力鍋やスパイスを使う作り方も

この記事では、お肉やわらか「ビーフカレー」の基本レシピをmacaroni動画でご紹介します。しっかりと煮込むことで、ほろほろととろけるような仕上がりに。そのほか圧力鍋を使う簡単レシピや、いろんなスパイスを使う本格レシピなども掲載しているのでチェックしてみてくださいね。

2019年8月29日 更新

ライター : ちかこ

元銀行員。現在は子育てをしながら、趣味の料理を楽しんでいます。簡単に作れるものからSNS映えするフォトジェニックな料理まで・・・家族に喜ばれる料理を日々研究しています。

煮込んでほろほろ「ビーフカレー」の基本レシピ

まずは、煮込み用の牛肉を使ったビーフカレーの基本レシピをご紹介します。しっかりと時間をかけて煮込むことで、お肉がほろほろとやわらかく仕上がりますよ。
調理時間:60分

材料(2人分)1,082kcal/人(※)

Photo by macaroni

・牛肩ロース肉(カレー・シチュー用)……200g ・にんじん……1/2本 ・玉ねぎ……1/2個 ・じゃがいも……2個(300g) ・にんにく……1片 ・生姜……1片 ・サラダ油……大さじ1杯 ・バター……10g ・赤ワイン……100cc ・水……600cc ・塩こしょう……少々(下味用) ☆コンソメ……小さじ1杯 ☆ローリエ……1枚 ・カレールウ……80g ・ウスターソース……大さじ1杯 ・ご飯……400g

下ごしらえ

・にんにくとしょうがはそれぞれみじん切りにします。 ・牛肉は常温に戻して塩こしょうをふります。 ・じゃがいもはひと口大に切り、水にさらします。 ・カレールウは細かく刻みます。

作り方

Photo by macaroni

1. 玉ねぎは1cm幅のくし形切りに、にんじんはひと口大の乱切りにします。

Photo by macaroni

2. フライパンにサラダ油を引いて弱火にかけ、にんにくと生姜を炒めます。

Photo by macaroni

3. 香りが立ったら牛肉を加えて表面に焼き色を付け、一度取り出します。

Photo by macaroni

4. 3のフライパンにバターを入れて溶かし、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを加えて炒め合わせます。

Photo by macaroni

5. 3の牛肉を戻し入れて赤ワインを加え、中火で5分煮ます。

Photo by macaroni

6. アルコールが飛んだら水を加えてひと煮立ちさせ、アクを取ります。

Photo by macaroni

7.(a)の調味料を加え、フタをして弱中火で30分煮込みます。

Photo by macaroni

8. 水分が半分くらいになったら火を止め、カレールウを入れて溶かします。

Photo by macaroni

9. 再び火にかけてとろみがつくまで混ぜ、ウスターソースを加えてさらに中火で10分煮込んだら完成です。

Photo by macaroni

10. ご飯を盛った器に、たっぷりとかけて召し上がれ。
【レシピ提供 macaroni】

ビーフカレーを本格派に仕上げるポイント

牛肉は焼いてから煮込む

牛肉はまず表面を焼くことで、煮込んだときに旨みや脂が逃げ出さずしっとりジューシーに仕上がります。いつもお肉が固くなってしまうとう方は、まずきちんと焼き目を付けてから煮込むことを意識してみてくださいね。

ウスターソースを加える

仕上げに加えるウスターソースは、全体にコクをプラスするために必要なエッセンス。加えなくてもおいしいビーフカレーになりますが、カレールウを使ってより本格派な仕上がりにしたいという方は、ぜひ入れてみましょう。

特集

FEATURE CONTENTS