ライター : okaya

インテリア大好きママライター

2児の子育て中のママライターです。インテリアや模様替え、生活小物が大好きで、子育て中でもおしゃれな空間を作りたいと日々奮闘中。映える料理やお皿、リラックスできるティータイムや…もっとみる

豆乳グラタンにコクを加えたいなら味噌をプラス

まろやかでさっぱり感のある大豆の風味が特徴である豆乳。グラタンに豆乳を使うと、牛乳や生クリームと比べて、少しさっぱりしすぎていることもありますよね。

そんなときは、隠し味に「味噌」がおすすめ!。コクが増しておいしい豆乳グラタンを作ることができますよ。また、「味噌」以外にもさまざまな材料を加えることで、深みのある味のグラタンができます。この記事では、味噌や野菜、お肉や魚介類を使うおいしいグラタンのレシピを紹介していきます。

味噌を使う豆乳グラタンレシピ3選

1. 旨味たっぷり。白味噌入り豆乳グラタン

無調整豆乳に白味噌を入れてコクを出すグラタンのレシピです。エビと鮭の魚介の旨味に、白味噌の甘さと豆乳のさっぱり感が合うひと品。アスパラやコーンなど、野菜の食感も楽しめます。具だくさんで食べ応えがありますが、あっさり風味の味付けなので食が進むこと間違いなしですよ。

2. 上品な和風味。鶏とネギの豆乳味噌グラタン

味噌と長ネギを使うことで、和風な豆乳グラタンができあがります。鶏むね肉は、蒸すことでしっとり食感に。薄力粉とオリーブオイルだけでとろみのあるソースが作れるので、調理も簡単!焼く直前にマスタードやオリーブオイルをかけると、アクセントになって味が締まりますよ。

3. 濃縮された旨味。魚介と長芋の味噌豆乳グラタン

白味噌に豆乳と小麦粉を入れて作るソースのグラタンです。ホタテとエビの魚介の旨味と、長芋の食感ととろみがたまらないひと品。白味噌の甘みが具材に絡むので、和風の上品さがありながら子供もおいしく食べられますよ。

かぼちゃやポテトも♪ 野菜入り豆乳グラタン3選

4. 無調整豆乳で。かぼちゃのクリームグラタン

無調整豆乳を使う、かぼちゃ入りのグラタン。かぼちゃをペースト状にして豆乳と混ぜるので、とろみのあるクリーミーなグラタンに仕上がります。白菜とコーンの食感も楽しいですよ。たっぷりかけるチーズの塩味とかぼちゃの甘みが絶妙に合うひと品です。

5. アクセントのある味。アンチョビのポテトグラタン

タイムの香りが引き立つポテトグラタンです。ポテトはマッシュするのではなく、スライスして敷き詰めるのでボリューム満点。アンチョビとタイムの風味が本格的で、上品な味わいに仕上がりますよ。ブロッコリーをプラスして彩りを足せば、パーティーメニューにもおすすめです。

編集部のおすすめ