4. 蒸し野菜のネギ肉みそのせ

蒸し器がない人でも蒸し野菜が楽しめるレシピです。なすやキャベツを蒸すことで、甘みがぐっと増しますよ。たっぷり肉みそをつけて食べてくださいね。 ポイントは、蒸し器を使わずに蒸し野菜を作ることです。大きめのフライパンに水大さじ3~5を入れ、野菜を並べて塩を全体にふります。ふたをして中火にかけ、10分ほど蒸し焼きにします。 お手軽にヘルシーな蒸し野菜ができるのはうれしいですね。

4. キャベツとナスのムサカ風

こっくり甘めのソースととろーり溶けたチーズがナスやキャベツにからみます。簡単なのでおもてなしにもおすすめですよ。 オリーブ油を熱したフライパンで合びき肉と玉ねぎを炒めます。オタフクソースとケチャップを加え、1分ほど炒めたら、フライパンから取り出し、そのままキャベツを炒めます。耐熱皿にキャベツを入れ、その上に取り出したひき肉の半分量を加えます。その上にナス、残ったひき肉、とろけるチーズ、粉チーズをのせ、オーブンでこんがり焼いたら完成です。

5. 一風変わったナス餃子

ナスを餃子の皮にして作る餃子です。皮を全然使わないので、カロリーはちょっと控えめ。 ボウルで豚ひき肉と調味料を粘りが出るまでよく練り、キャベツ、ニラ、白ネギを加え、混ぜ合わせタネを作ります。ナスの片面に薄く片栗粉をふり、その面の半分にタネをのせ、ふたつ折りにして形を整えます。ごま油を熱したフライパンに並べ、焼き色がついたらひっくり返し、蒸し焼きにします。 ダイエット中の人もナスの餃子を楽しみましょう。

6. 夏の即席漬け

簡単にできる常備菜です。冷蔵庫に保存すると1週間ほど楽しめるそうなので、多めに作ってストックしておきたいですね。 袋にナス、キュウリ、キャベツ、ニンジン、ミョウガ、大葉、塩を入れ、塩を全体にからめます。しばらく置き、水気が出てきたら水洗いし、水気を絞ります。ボウルで合わせダレと混ぜ合わせ、味がなじんだらできあがりです。

「なす×キャベツ」のレパートリーを増やそう!

スーパーで手に入りやすいなすとキャベツですが、なかなかふたつをメインに組み合わせて使うことは少なかったかもしれません。なすもキャベツも味がなじみやすいので、おいしい料理に変身しやすいですよ。 普段のおかずからおもてなしに使えるレシピまでいろいろご紹介しました。シーンに合わせた「なす×キャベツ」の組み合わせレシピを楽しみましょう。
▼今日の夕食は、「なす」と何を合わせる?
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS