ライター : soleil

レトロでかわいい食べ物が大好きです♪ パンケーキよりもホットケーキ。 好きなパンはコッペパン。 日課のお弁当作りでは、ずいぶん前からアルマイトのお弁当箱を愛用しています! 食生…もっとみる

朝食におすすめ!ベーコンエッグ

ベーコンエッグといえば、ご存知の通り目玉焼きにベーコンを添えた、朝食の定番料理。とりわけイギリスの朝食には欠かせないメニューで、古くから人々に親しまれてきました。 それでは日本ではどうだったのでしょうか。日本でのベーコン製造開始は1874年(明治7)までさかのぼりますが、本格的な生産に乗り出したのは大正時代に入ってからのこと。当然ながら当時は一般庶民が普段口にするものではなかったでしょう。 戦後しばらくして朝食にパン食が普及し始めた昭和30年代はじめごろには、ハムエッグのレシピが見られるようになりますが、ベーコンエッグが一般的になるのはもう少し先のことだと思われます。そもそも卵が高級品だった時代、ベーコンエッグなんて大変なごちそうだったのでしょうね。 この記事では、基本的なベーコンエッグの作り方や、さまざまなベーコンエッグのアレンジレシピを多数ご紹介します。さっそく明日の朝食に作ってみたくなること請け合いですよ!

ベーコンエッグの作り方

Photo by soleil

卵を2個使った、ボリューム満点のベーコンエッグ。カリカリに焼いたベーコンと、とろっと半熟に仕上げた黄身の相性は抜群です。トーストを添えて朝食にすれば、朝から元気いっぱいで過ごせますよ。そんなベーコンエッグの基本的な作り方をご紹介します。

材料(1人分)

Photo by soleil

卵      2個 ベーコン   適量 レタスなど  適量 塩・こしょう 少々

作り方

1. フライパンを熱し、ベーコンを焼きます。ベーコンから脂が出るので、油はひかなくてもOK。カリッとするまで充分に火を通してくださいね。

Photo by soleil

2. 次に目玉焼きを作ります。焼いたベーコンを取り出し、そこへボールに割り入れた卵をそっと落として弱めの中火で焼いていきます。ベーコンから出た脂があるので、こちらも油はひかなくても大丈夫。また、ベーコンを焼いた上にそのまま卵を割り入れてもOKです。(今回は蒸し焼きにするため、ベーコンを先に取りだしています)

Photo by soleil

3. 白身が少し固まってきたらお湯を少し入れ、ふたをして蒸し焼きにします。こうすることで焦げ付かず、黄身も半熟に仕上がります。

Photo by soleil

4. お好みの焼き加減に仕上げたら、先ほどのベーコンの上に目玉焼きをのせ、塩・こしょうを振って完成です。レタスなどを添えると見た目にもきれいですよ。

Photo by soleil

レタスなどを添えると見た目にもきれいですよ。シンプルなレシピですが、簡単だからこそ丁寧に焼いていきましょう。

再現やアレンジ♩ベーコンエッグレシピ5選

1. ハウル風厚切りベーコンエッグ

映画「ハウルの動く城」に登場するベーコンエッグをイメージしたものがこちら。卵2個分の半熟目玉焼きと、分厚いベーコンが食欲をそそりますね!ボリューム満点で、朝からテンションが上がりそうですね!でも朝食にはちょっと重いかも!?

2. 巣ごもりベーコンエッグ

蒸し焼きにした甘いキャベツをたっぷり食べられる、巣ごもりベーコンエッグ。ベーコン、キャベツを軽く炒め、真ん中を丸く開けて卵を割り入れます。塩こしょうを振ったらフタをして、卵が半熟状態になるまで火を通してできあがり。スキレットでそのまま食卓に出してもおしゃれですね。

特集

FEATURE CONTENTS