ライター :

ネットを中心に仕事をしています。食べる楽しさを皆様に伝えるべく努力して行きたいと思います。

お弁当にぴったりなベーコン巻き

ベーコンは、いろいろな調理法ができる食材。炒め料理にも煮込み料理にも使われています。そんなベーコンですが、野菜と組み合わせるとあっという間に一品おかずが完成するんですよ。
その料理が、今回ご紹介する「ベーコン巻き」。ベーコン料理のなかでも、有名なメニューです。夕飯のおかずにもぴったりですし、冷ましてから詰めるとお弁当のおかずとしても活用できます。 今回は、そんなお弁当のおかずに最適な「ベーコン巻き」のレシピを、食材別にご紹介!

定番!アスパラのベーコン巻きレシピ4選

1.基本のアスパラベーコン

ベーコン巻きといえば、やっぱりアスパラを巻くのが定番。こちらは、ただ巻いて焼くという基本のレシピです。味付けはシンプルに胡椒だけなので、アスパラの甘みとベーコンの塩気が堪能できます。 あまりのおいしさに、どんどん口に入れてしまい、気づいたらなくなっているかも!?

2.ベーコンのピリ辛ソテー

ベーコンのアスパラ巻きはそのまま食べても絶品ですが、鷹の爪やオリーブオイルで炒めてペペロン風にしてもよく合うんです。ピリ辛ですから、ご飯も進みますよ。最後にポン酢をかけるのもポイントのひとつ。とてもさっぱりした味わいになりますよ。メインのおかずに作ってみましょう。

3.アスパラとにんじんのベーコン巻き

アスパラだけでなく、にんじんも一緒に巻いたレシピです。たったひとつ野菜を加えるだけで、見た目も華やかになります。 お弁当を作るとき、どうしても栄養が偏りがちになってしまいませんか?そんなときは、ちょっとアレンジを加えるだけでOK。固いにんじんに火が通るまで、しっかり炒めるのがポイントです。

4.アスパラベーコンの春巻き

アスパラのベーコン巻きを、さらに春巻きの皮で巻いたレシピです。皮のおかげでパリッとした食感になるので、いつもとは違った味わいになります。 皮を追加するだけで、食材の旨味と食感が楽しめますので、春巻きの皮が余ったときにいかがでしょうか。皮が途中で剥がれないように注意しましょう。

とろっと絶品♩チーズのベーコン巻きレシピ3選

5.インゲンとチーズのベーコン巻きフライ

こちらは、インゲンとスライスチーズを一緒に巻いてフライにしたレシピ。チーズだけを巻くのではなく、野菜と一緒に巻くことで栄養価も上げることができます。 揚げるときは爪楊枝を刺しますが、チーズが溶けるとのりの役割を果たしてくれるので、爪楊枝を外しても大丈夫!お弁当のスペースは限られているので、細かいところから工夫していきましょう。

特集

FEATURE CONTENTS