ライター : morico

WEBライター

牡蠣のアヒージョの基本レシピ

Photo by morico

調理時間 10
牡蠣のアヒージョはむずかしそうに見えますが、手間なくサッと作れます。ランチや夜ごはんにはもちろん、パーティーやおもてなしにもおすすめ。自宅でバル気分を味わいたいときにもぴったりです。フランスパンと一緒にいただきましょう。

材料(2人分)

Photo by morico

コツ・ポイント

  1. 生かきは加熱しすぎると縮んでしまうため、火を通しすぎない
  2. 赤唐辛子の種は辛みが強いので取り除く

作り方

1.にんにくとイタリアンパセリを切る

みじん切りにしたにんにくとイタリアンパセリが並んでいる様子

Photo by morico

にんにくとイタリアンパセリはみじん切りにします。赤唐辛子はヘタ部分をちぎり、切り口を下にして種を取り除きます。

2.生かきを塩水で洗う

白いザルで生かきを洗っている様子

Photo by morico

生かきを塩水で洗い、水気をしっかり拭き取ります。

3.オリーブオイルを熱する

スキレットにオリーブオイルとにんにく、赤唐辛子を入れて熱している様子

Photo by morico

スキレットにオリーブオイルとにんにく、赤唐辛子、塩を入れて弱火で熱します。

4.生かきを入れる

牡蠣のアヒージョを作っている様子

Photo by morico

にんにくがシュワシュワと音をたて、よい香りがしてきたら生かきを入れます。弱中火にし、5分ほど煮込みます。

5.イタリアンパセリをかけて完成

牡蠣のアヒージョにイタリアンパセリをかけている様子

Photo by morico

5分経ったら火を止め、鍋敷きにスキレットを置きます。イタリアンパセリをかけて完成です。

残ったオイルはどうする?

残ってしまったにんにくオイルは具材を取り除き、冷蔵庫に入れて保存します。牡蠣のような具材を入れる前のオイルならある程度長持ちしますが、具材を入れてしまったオイルは具材の水分などが溶けだしているため、翌日中に使い切るのが無難です。冷蔵庫に入れておくとオイルは白く濁ったようになりますが、火にかければ問題ありません。

牡蠣のアヒージョパスタがおすすめ!

牡蠣のアヒージョパスタは食材とオリーブオイルが絡み合い、芳醇な風味を楽しめるのが魅力です。にんにくを効かせるので、アクセントのある味になります。香味野菜の長ねぎで、辛味と甘味のバランスを調えるのがポイント。卵や牛乳のコクで、味に深みを持たせてくれますよ。

おすすめの具材は何?牡蠣のアヒージョレシピ10選

アヒージョといっても入れる具材はさまざま。特に決まったルールもなく、何を入れてもいいんです。それではここからは、牡蠣と相性のいい具材を使う牡蠣のアヒージョのおすすめアレンジレシピをご紹介します。

編集部のおすすめ