ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

オートミールとは?

オートミールはオーツ麦(燕麦)を脱穀して調理しやすく加工したものです。小麦とは異なり精白されておらず、胚芽などに含まれる栄養をそのまま摂ることができます。食物繊維、鉄分、カルシウム、ビタミンB1、ミネラルなど、複数の栄養素が含まれているんですよ。(※)

シリアルとは別物?

オートミールもシリアルの一種です。シリアルとは、穀類を食べやすくするために加熱調理した加工食品の総称のことで、コーンフレークなどもシリアルに入ります。

見た目は非常に似ていますが、オートミールはオーツ麦(燕麦)、コーンフレークはコーンを原料にして作られているといった違いがあるんですよ。コーンフレークは冷たい牛乳をかけて食べるのが一般的ですが、オートミールはお湯を注いでお粥のようにして楽しむこともできます。

オートミールの基本的な食べ方

オートミールはふやかして食べるのが定番です。まずは鍋にオートミールを入れ、オートミールがひたひたに浸るまで水を入れます。火にかけて焦げ付かないようにかき混ぜ、全体に火が通ったら完成です。

使っているのはお米ではありませんが、見た目はまるでお粥。牛乳でふやかしてもおいしく食べることができます。

1食分の量はどのくらい?

食べる人の好みにもよりますが、1人あたりの1食分の量は、30〜50gが目安です。水分とオートミールの割合は1:4くらいがよいそう。

そのまま食べても問題はありませんが、基本的には味がなく硬いので、あまりおすすめできません。水分量を調節して、お好みの硬さを見つけてみてください。

オーバーナイトオーツ

オーバーナイトオーツとは、オートミールを前日の夜に牛乳や豆乳でふやかしてひと晩寝かせて作るものです。

夜に仕込んでおけば寝ている間にオートミールがやわらかくなるため、朝食時に好きなものをトッピングして食べることができますよ。ぜひ試してみてください♪

レンジで簡単にふやかす方法

時間がないときには電子レンジで簡単にふやかすこともできます。

まずは深めのお皿にオートミールと、オートミールが浸かるほどの水や牛乳を入れます。水や牛乳は目分量で大丈夫!そのあと、800Wの電子レンジで2分程加熱してできあがりです。様子を見て追加で加熱してください。

加熱中に膨らんで溢れる場合がありますので、注意しましょう。加熱時間は使用機器によって調整してください。

ふやけたオートミールにヨーグルトやフルーツ、ナッツなどをトッピングすれば手軽においしい朝食を楽しめますよ。

特集

FEATURE CONTENTS