常備しておけば大活躍!「ほうれん草」の冷凍保存方法と活用レシピ

「ほうれん草」を長持ちさせたいのなら、冷凍保存すればグンと日持ちすることをご存じですか?冷蔵庫で放置するとすぐにヘタッてしまい、鮮度はガタ落ち…。今回は、ほうれん草の冷凍保存や冷凍ほうれん草の活用レシピなどまとめてご紹介します。

2019年12月4日 更新

炒めたほうれん草の冷凍保存方法

お弁当の隙間にあとひと品!という時の、便利な救世主にぜひ。炒めたほうれん草の冷凍を使いましょう。ベーコンと一緒に事前に炒めておけば、ご飯にも、パンにもあう便利なおかずになりますよ!

やり方

炒めて水分が飛んだものを小分けにして、ラップなどに包みます。フリーザーバックに入れて密封し、冷凍庫で保存してください。

保存期間

2週間程度は保存が可能です。炒めている間にほうれん草の水分が飛んでいるため、冷凍してもベチャッとなりにくいです。ただし、時間が経過するほど味と栄養素は落ちていきますので、なるべく早めに食べ切るようにしましょう。

料理に大活躍!ほうれん草の解凍方法

そのまま味をつけて食べる際は、自然解凍で大丈夫です。また加熱調理をする場合は、凍ったまま調理をしても、火が通りやすいので問題ありません。一度凍らせてしまうと水分を含むため、加熱調理をする方がおいしくいただけると思います。油で炒めたり、汁物に入れたりすれば、水っぽさも気になりませんよ。
なお、いくら保存期間内でも、ちょっとしたことで劣化は進んでいきます。必ず調理する前に、食べる前に、見て、嗅いで、軽くつまんで確認してくださいね。 ちなみに、腐ったほうれん草の見分け方もお伝えします。腐ってくると、葉を触るだけでベチョッとしたり、異臭がします。黄色に色が変わっているのは枯れているサインです。勿体ないですが、いずれも口にしないようにしてください。

冷凍ほうれん草の活用レシピ5選

1. お弁当にぴったり!ほうれん草のふわふわ卵焼き

はんぺんは袋にいれたまま、手で揉んでつぶしておきましょう。卵を溶きほぐし、潰したはんぺんと砂糖、醤油、塩を入れて混ぜます。フライパンで油を中火で熱し、刻んだにんじんとしめじ、冷凍ほうれん草をさっと炒めます。卵液を流し入れ、フタをして弱火で両面蒸し焼きにします。あとは食べやすい大きさにカットして完成です。

2. ほうれん草とシーフードの簡単ドリア

冷凍のシーフードミックスと冷凍ほうれん草、クリームシチューのルーを使って、簡単に作れるドリアのレシピです。具材を炒めて牛乳とルーを加え、さっと煮立てればソースのできあがり。ごはんにのせて、チーズを散らしてオーブンで焼いて完成です。
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS