ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

混ぜご飯で春の香りを楽しむ。おすすめレシピ5選

1. ひじきご飯

乾燥ひじきと塩もみきゅうりを具材にした、混ぜご飯のレシピです。ひじきは戻さなくても、きゅうりと一緒においておくだけで、きゅうりの水分を吸ってやわらかくなるんですよ!あっさりと食べられるひと品です。

2. しらすゴマ混ぜご飯

しらすの塩気と大葉とごまの香りも楽しい、混ぜご飯のレシピです。ごまはフライパンで炒ることで、より香りを楽しめますよ。一緒に天かすを混ぜ込むことで、カリカリとした食感とコクがアップ!

3. タケノコとツナの混ぜご飯

コリコリのタケノコの食感と、ツナのジューシーなうまみが楽しめる、混ぜご飯のレシピです。調味料にオイスターソースとニンジンが入っているので、仕上がりは少し中華おこわ風になりますよ!

4. わかめと鮭の混ぜご飯

鮭とわかめは、混ぜご飯のふりかけにもなるほど定番具材ですよね。鮭とわかめの磯の香りと、パリパリに焼いた塩鮭の皮の香ばしさがおいしいひと品に。塩がついていない鮭を使うときには、鮭に塩味をつけて焼いてから混ぜご飯にしてくださいね!

5. 豚肉とタケノコの混ぜご飯

たけのこのシャキシャキ食感と、豚肉の甘みのある脂身がおいしい混ぜご飯のレシピです。炊き込みご飯のように、調味料を入れてご飯を炊き込むと、より混ぜたときにしっかりだしの味を楽しむことができますよ。

混ぜご飯で夏バテ防止!おすすめレシピ5選

6. 夏野菜がたっぷり入った炊き込みご飯

Photo by macaroni

フライパンを使って作るきゅうりやなす、オクラなど夏野菜が入った炊き込みご飯のレシピです。最後までフタを開けないことが旨味を引き出すポイント!熱まわりが早いフライパンで蒸した野菜は甘みが凝縮してさらにおいしく、炊飯器で作るよりも時短につながりますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS