【味付け別】野菜炒めの人気レシピ30選!ちょっとのコツで絶品に◎

定番おかずのひとつである「野菜炒め」は、意外と作るのにコツがいるんですよね。今回は基本となる野菜炒めのレシピをはじめ、味付け別の人気レシピをご紹介!献立決めに役立つ、野菜炒めにおすすめのおかずもまとめているので参考にしてみてくださいね♩

究極の野菜炒め、味付け別レシピまとめ!

野菜不足を感じたら、「野菜炒め」なんていかがですか?
冷蔵庫の中で眠っている野菜で簡単にでき、調味料を工夫すれば味もいろいろ!レシピもご飯に合う濃い味付けの野菜炒めから、薄味で薬味をきかせたものまでたくさあります。

調理のコツさえしっかり覚えておけば、とっても簡単にできるので、ぜひいろいろなレシピを試してみてくださいね。

「野菜炒め」基本の作り方

基本となる野菜炒め

Photo by KIBO LABO

野菜炒めの基本を押さえておけば、アレンジは自由自在。冷蔵庫の中にある野菜でも、旬の野菜でも作ることができます。

注意すべきポイントは、火加減調味料を入れるタイミング!これさえ気を付けておけば、水っぽくなることがありません。ひと手間はかかりますが、慣れてしまえば手早くできます。

材料(2人分)

野菜炒めの材料

Photo by KIBO LABO

キャベツ     200g
ニンジン     4cm
ピーマン     2個
モヤシ      1/4袋
エリンギ     2本
豚肉こま肉    100g
ゴマ油      小さじ1
サラダ油     小さじ2

【豚肉用下処理調味料】
コショウ     適量
酒        大さじ1
片栗粉      小さじ1

【味付け用調味料】
日本酒      大さじ1
しょう油     小さじ1
オイスターソース 小さじ1・1/2
鶏ガラスープの素 小さじ1
水溶き片栗粉   小さじ1

※お好みでショウガ、ニンニクなどのすりおろしを入れてもおいしいです。

作り方

1. 豚肉は3.4cmに切り、酒・コショウで軽く揉み、薄く片栗粉をまぶします。
豚肉に片栗粉をまぶしている様子

Photo by KIBO LABO

2. キャベツはひと口大に切り、エリンギ、ニンジン、ピーマンを短冊切りにして、ニンジンは軽く湯通しをしてしんなりさせておきます。
野菜を切っている様子

Photo by KIBO LABO

3. テフロン加工のフライパンにゴマ油を入れて、弱火で豚肉を軽く炒めて火を通します。火が通った豚肉は、お皿に取り出します。
豚肉を炒めている様子

Photo by KIBO LABO

4. 同じフライパンをキッチンペーパーで軽く拭きとり、弱火に近い中火でサラダ油を入れて野菜を炒めます。
野菜を炒めている様子

Photo by KIBO LABO

5. 野菜がしんなりしてきたら、一旦取り出した豚肉を戻して炒めます。具材が合わさったら味付け用調味料を入れて、約30秒強火で炒めてできあがりです。
野菜炒めの仕上げをしている様子

Photo by KIBO LABO

野菜炒めを水っぽくさせないためのコツ

1.固い野菜は湯通しをしておく

ニンジンやピーマンなど火の通りの遅い野菜は、事前に湯通しをしておくと調理しやすくなります。短冊切りした野菜を沸騰したお湯に軽くくぐらせて、炒めるときはよく水分を切ってから使いましょう。お湯には塩をひとつまみ入れておくと、野菜の色が鮮やかになります。

時短で済ませたい方は、電子レンジで加熱してもOK!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

KIBO LABO キボー ラボ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう