ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

ジューシーでコク深いがポイント

Photo by maacaroni

野菜炒めの味に感動したことがありますか?味気ないイメージを持たれがちなお料理ですが、実はコツを抑えれば目からウロコ級のおいしさにグレードアップするんです。定番料理の味付けの黄金比を紹介する企画、第6回のテーマは野菜炒め。野菜本来の甘みを引き立たせる鉄板黄金比を、料理研究家・こんどうしょうたさんに教えてもらいました♪

「1:1:1:1」で食べ応え十分!

Photo by macaroni

野菜本来の甘みが引き立つ味付けの黄金比は、 1(しょうゆ):1(酒):1(鶏がらスープの素):1(オイスターソース) ※写真左上から時計回りに 「今回のテーマは食べ応えのある野菜炒め!だから鶏ガラスープの素とオイスターソースを加え、旨みとコクを強調した味付けです。あっさりタイプで召しあがりたいときは、『しょうゆ、顆粒だし、酒』を使うとおいしいですよ」とこんどうさん。

黄金比でつくる野菜炒めのレシピ

Photo by macaroni

材料(2人分)

・キャベツ:30g ・小松菜:1株 ・玉ねぎ:20g ・にんじん:20g ・もやし:1袋(200g) ・鶏ひき肉:100g ・☆酒:小さじ1杯 ・☆しょうゆ:小さじ1杯 ・☆オイスターソース:小さじ1杯 ・☆鶏がらスープの素:小さじ1杯 ・☆にんにく(すりおろし):小さじ1/8杯 ・塩:適量 ・こしょう:適量 ・ごま油:小さじ2杯
調理する前に、材料を確認しましょう。野菜炒めには豚肉を使うことが多いですが、こんどうさんが選んだのは鶏ひき肉!理由をたずねてみると、「調味料で旨みやコクがしっかりとついているので、あっさり、ヘルシーにいただける鶏ひき肉でバランスをとります。味だけでなく、お手頃価格もうれしいですよね」とのこと。 それでは黄金比の野菜炒めを作っていきます。

① 下ごしらえをする

Photo by macaroni

野菜をカットしていきましょう。 キャベツ:ざく切りにします。 小松菜:根元をのぞき3〜4cmの長さに切り、茎と葉に分けます。 玉ねぎ:薄切りにします。 にんじん:薄めの短冊切りにします。

Photo by macaroni

☆の調味料を混ぜ合わせておきます。

② 具材を炒める

Photo by macaroni

フライパンにごま油を入れて熱し、中火で小松菜の茎、にんじん、鶏ひき肉を炒めます。

Photo by macaroni

鶏ひき肉の色が変わったら、キャベツ、玉ねぎ、もやしを加え、しんなりするまで強火で炒めましょう。ここで火を強めて一気に加熱すると、シャキシャキ感が増します。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS