ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

おいしい「炊き込みごはん」の黄金比とは

Photo by macaroni

味付けを制したものが料理を制する!プロの料理家が教える「味付けの黄金比」で定番料理を、ぐぐっとグレードアップさせちゃいましょう。 本日のテーマはみんな大好き、「炊き込みごはん」♪醤油の焦げた香ばしい風味と、芯まで出汁がしっかりしみたお米……おかわりが止まらなくなっちゃう味に仕上げます。

プロが教える味つけの黄金比は?

外国人に向けて和食の魅力を語らせたら右に出る者のいない、料理研究家の北村美友貴さんに教えていただきました。「具材の味を​加味して​、調味料を調整することがポイント」と北村さん。

Photo by macaroni

炊き込みごはんの黄金比は右上から時計回りに、 2(顆粒だし):3(酒):3(みりん):3(薄口醤油) この黄金比を基本にして、具材によって味付けを少し変えてみるのも良いかもしれません。 北村さんの場合は、「くりやさつまいもなど甘い具材のときは、みりんを気持ち多めにして甘めに仕上げています。お肉のときはお醤油を多めにして、しっかりと味がしみるようにしていますね」とのこと。

それでは早速調理スタート♪

Photo by macaroni

北村さん直伝の黄金比で、さっそく調理開始です!今回は基本に沿って、黄金比通りの味付けでチャレンジします♪

材料

・米:2合 ・薄口醤油、酒、みりん:各大さじ2 ・☆水:2合分 ・☆顆粒だし:小さじ2 ・鶏もも肉:100g ・ごぼう:30g ・にんじん:40g

① 米を研いで準備する

Photo by macaroni

お米はボウルに入れて研ぎましょう。
研ぎ終わったら、ミネラルウォーターまたは浄水につけて30分以上(冬場は1〜2時間)放置します。北村さんいわく、「この工程を省くとお米に芯が残った状態で炊き上がり、食感が悪くなる場合があるので注意しましょう」とのことです!

② 具材をカットする

Photo by macaroni

今回は具材として鶏もも肉、ごぼう、にんじんを使用します。熱が入りやすいよう、全て小さめに切るようにしましょう。特に火の通りにくいごぼうは、ささがきにします。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS