サワークリームの身近な代用品は?おすすめ代用レシピで料理上手!

サワークリームをすぐに使いたいと思っても手元にない時、代用できるものがあったら便利ですよね。サワークリームって意外と常備していなかったりするもの。今回は、サワークリームの代用品と、代用で作れるおすすめレシピをご紹介します。

2017年6月22日 更新

サワークリームは代用できる!

スイーツだけでなく色々な料理に使われ、酸味や爽やかな風味をつけてくれる「サワークリーム」。レシピに載っていても家の冷蔵庫になかったら、どうされますか?

もちろん、買いに走るという手もあります。でも今すぐ作りたい!とか、いつものお店では置いているのを見たことがない!なんて時もありますよね。そのような時は、サワークリームの代わりになるものが身近にあったらいいですよね。

そこで今回は、サワークリームの代用品について調べてみました。代用品で作れるおすすめレシピも併せてご紹介します。

そもそもサワークリームとは?

「サワークリーム」は、脂肪分の高い生クリームに乳酸菌を加えて発酵させたものです。16〜21%の脂肪分を含み、爽やかな酸味とさっぱりした口当たりが特徴です。

そんなサワークリームは、世界的にも色々な調理に使われています。 

ヨーロッパ、北アメリカ料理では、主として調味料として使われています。伝統的な調理法としては、焼いたジャガイモにトッピングされることが多いそうです。また、クリーミーなサラダドレッシングのベースとして使われることも多いのだとか。

そのほか、フレンチフライやクラッカーに添える「オニオンディップ」のような様々なディップのベースとしても使用されます。

ウクライナ料理 やロシア料理では、ボルシチに添えられたり、ビーフストロガノフなどの料理にも用いられます。ハンガリー料理では、ソースの材料やハム入りクレープのレシピによく使われるそうです。

また、料理だけではなく、お菓子にも活用されており、ケーキ、クッキー、ビスケット、ドーナツやスコーンなどにも使われます

日本では、「サワークリーム」はムースやババロア、チーズケーキ、焼き菓子の生地などのお菓子作りによく使われます。クリームチーズを使うお菓子に加えると、コクや酸味を補ってくれる役目も果たしてくれます。また、料理ではソースやディップ、煮込み料理の仕上げなどに使われることが多いのですよ。

あまりなじみがない食材かと思っていましたが、実はさまざまな料理に活用されているのですね。

生クリームとレモン汁で代用

では、ここからは一体どんなものがサワークリームの代用になるのか、実際に見ていきましょう。
まず一つ目は「生クリーム&レモン汁」。この組み合わせは確かにイメージできますよね。分量の目安としては、生クリーム:レモン汁=1:1/5~1/6。合わせたら、とにかく力強く混ぜます。そうすることで、程よい固さに仕上がるのだとか。

生クリームは動物性、植物性がありますが、どちらを使っていただいても大丈夫です。値段のことを考えると、お手ごろなのは植物性。しっかり濃厚な味をお求めの方には、動物性の方がいいかもしれません。お好みで選んでみてくださいね。 

生クリームとヨーグルトで代用

続いてご紹介するのは、「生クリーム&ヨーグルト」のコンビ。生クリームが1だとすると、ヨーグルトは1/3程度の分量が適量です。こちらもしっかりと混ぜ合わせていきます。ボウルに入れてキッチンペーパーなどで蓋をし、1日ほど置いて固まったら完成です。

いつものヨーグルトでお手軽にサワークリーム風味が味わえるなんて、びっくりですね。

クリームチーズとレモン汁で代用

さて、今度は「クリームチーズ&レモン汁」。作り方は、常温に戻したクリームチーズにレモン汁を少々(小さじ1/8くらい)加えて混ぜるだけです。レモン汁の分量を調整すれば、お好みの酸味に仕上がります。クリームチーズでより濃厚さが引き立てられそうです。

サワークリームの代用でできる人気レシピ

ここまでサワークリームの代用品の作り方をいくつかご紹介しました。これなら、簡単に作れそうですね。続いては、サワークリームの代用品で作れる人気のレシピをご紹介しましょう。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう