ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

エシャロットとは

※画像はイメージです
エシャロットとは、ユリ科ネギ属の根菜。らっきょうを生食用に土寄せして、白くやわらかく栽培したものです。見た目はらっきょうのようで、さわやかな香りが特徴。一般的ならっきょうと比べるとクセが少なく、辛味が少ないですよ。

エシャロットは、1950年代から市場に出回り始めました。漬物用に栽培していたらっきょうにみそを付け生で食べたところ、とてもおいしかったため、商品化に向けて栽培方法を変えたことが始まりです。エシャロットの登場は、新しいらっきょうの食べ方の誕生とも言えるでしょう。

エシャレットとの違い

日本で一般的に「エシャロット」と呼ばれているものは、実は「エシャレット」が本来の名前。フランスにある香味野菜「シャロット(仏名:エシャロット)」に似ていることから、「エシャレット」と名付けられました。

本来の「エシャロット」は小型玉ねぎの一種。玉ねぎとは違い分球性で、表面が薄紫色の球がいくつか納まっています。中は白く、レッドオニオンに似ていてまったくの別物。

名前の紛らわしさを解消するため、日本のものを「エシャレット」や「エシャ」、香味野菜の小型玉ねぎを「ベルギーエシャロット」と使い分けるようになりました。この記事では、エシャレットを「エシャロット」と表記して紹介します。

エシャロットは生でも食べられる?

※画像はイメージです
ほぼ通年市場に出回るエシャロットは、ハウスで生食用に栽培されています。白い部分はパリッとした歯ごたえでみずみずしいですよ。らっきょうのような強烈な辛味と香りはやわらぎ、風味が感じられます。

葉も食べられますが、生食は旬の2〜5月が青くやわらかい時期がおすすめ。それ以降は、ゆでて和え物にしたり天ぷらやソテーにしたりして加熱するといいですよ。エシャロットの皮は薄皮なので、そのまま食べられます。薄皮が口に残る場合は、むいて食べましょう。

野菜ソムリエが教える!エシャロットの食べ方

※画像はイメージです
エシャロットは、生でも加熱してもおいしいので、さまざまな食べ方を楽しめます。やわらかく、ピリッとするさわやかな辛味を感じられ、みそやマヨネーズを付けて生のままポリポリ食べるのがおすすめ。また、塩漬けや酢漬け、糠漬けにすると、辛味が気にならなくなりますよ。

エシャロットは加熱することで、食感はホクホクになり甘味が出ます。辛味はなくなりますが、風味は加熱しても残るため、香味野菜として利用するのもGOOD。シンプルに焼いたり天ぷらにしたりして特有の風味を楽しみたいですね。

エシャロットの葉の食べ方

エシャロットの葉は、新鮮でやわらかいものなら生食できます。サラダや和え物にしたり刻んで薬味に使ったりするのがおすすめですよ。生春巻きに入れるとアクセントになり絶品。

しおれたり、少し硬く感じたりするときはサッとゆでて酢みそで和えたり、かき揚げにしたりと火を通して食べましょう。風味がいいのでパスタの具材としても、白い部分と一緒にソテーにしても使えます。

エシャロットの皮の剥き方

エシャロットの薄皮が気になるなら、むいてから食べましょう。薄皮をむくときは、エシャロットを水に浸けて、水の中で軽くこすると簡単。エシャロットに直接触れるとかゆくなる方もいるため、ゴム手袋をはめて作業をするとよいですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ