新鮮なエシャロットの選び方と保存方法

エシャロットの選び方

エシャロットは、表面の薄皮が乾燥していて、傷がないものを選びましょう。芽や根が出てているものは避け、根元は白色でツヤがあるものがおすすめ。持ったときに重みを感じ、硬く締まっているもののほうが水分をしっかり保っていておいしいです。

軽くてフカフカなやわらかいものは、日が経ち中が空洞になっている場合があるので避けましょう。また、エシャレットは葉を折って束ねた状態で売られていることが多いです。葉が枯れていないか、張りがあってみずみずしさが感じられるかを確認するといいですよ。

エシャロットの保存方法

エシャロットは長期保存には向きません。乾燥しないように新聞紙やキッチンペーパーに包んでからポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。保存期間は5日程度。なるべく早めに食べきりましょう。

アレンジいろいろ。エシャロットのおすすめレシピ8選

1. 歯ごたえを楽しむ。エシャロットの和え物

エシャロットを生で食べるなら、きゅうりやみょうがと合わせておかか和えにしてはいかがでしょう。さっぱりとした味わいで、ごはんにもよく合います。塩昆布と和えてもGOOD。シャキシャキの食感とピリッとする辛味であとを引きますよ。

2. おつまみに。エシャロットの甘辛たれ和え

生のみずみずしいエシャロットを唐辛子とはちみつを使う甘辛いたれで和えるひと品。お酒のお供にもごはんのおかずにもちょうどいい副菜ですよ。濃いめの味付けなので、エシャロットの辛味は気にならず、ついつい箸が進みます。

3. 作り置きしたい。エシャロットのめんつゆ漬け

エシャロットは漬物やマリネにも向いています。めんつゆを使えば、いろいろな調味料を準備する手間が省けてあっという間に作れますよ。漬けることでエシャロットの辛味はやわらぎますが、サッとゆでたり軽く焼いたりしてから漬ければ、辛味が消えるのでおすすめです。

4. ササッと炒めて。豚肉とエシャロットのおかか炒め

エシャロットは炒めると、ほんのり甘味が出てきます。豚肉やベーコンと相性がいいので、一緒に炒めてシンプルに味付けをしましょう。エシャロットの風味が生きるように、塩こしょうやしょうゆをまわしかける程度でOK。歯ごたえが残るようにササッと炒めてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ