一緒じゃない!サーモンと鮭の違いって?ちなみに鱒は?

私達の身近な魚であるサーモンと鮭。実は違う魚だと言うことをご存じでしたか?鮭を英語にしたらサーモンだし、同じ魚としか思えない……。今回は、サーモンと鮭の違いについて、さらに鱒はどうなの?という点まで、詳しく解説します。

2019年2月20日 更新

ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

サーモンと鮭って同じじゃないの?

サーモンや鮭、お好きですか?子供から大人まで広く親しまれている食材の一つといえますよね。 お寿司屋さんに行ったらサーモンの握りは必ず頼む!朝はやっぱり鮭の塩焼き!という方も少なくないのではないでしょうか。ですが、このサーモンと鮭、同じ魚のはずなのにどうして呼び名が違うのでしょうか。日本語と英語の呼び名の違い?または日本食か洋食かの調理法の違いでしょうか? いえいえ、実はサーモンと鮭は同じ魚ではないのですよ!見た目も味も似ているのに、まさか!と思ったあなたに、今回、その驚きの違いについてご紹介します。

サーモンは鮭じゃない!?

それでは、サーモンと鮭は、それぞれどのような特徴を持った魚なのでしょうか。

鮭とは

そもそも鮭と呼ばれている魚も、元はたくさんいる鱒の一種にすぎなかったそうです。そして、数ある鱒の種類の中で最も大きい魚が、「鮭」と呼ばれるように。つまり、鮭と鱒は同じ種類の魚なのですね。 そして鮭とは、川で産卵して海に下る海水魚のことを言います。鮭は国産のものが多く、天然モノで加熱して食べるもののことを指すのだそうです。ちなみにスーパーで一般的に見かける鮭は、シロザケという種類であることが多いです。

サーモンとは

次に、一般的にサーモンと呼ばれているものは、正式にはトラウトサーモンのことを指すそうです。トラウトとは鱒のことで、トラウトサーモンは鮭とは違ってニジマスなどと同じ淡水魚なのだとか。お寿司屋さんでサーモンを頼んだ時に出てくるのは、このトラウトサーモンです。 サーモンは鮭と違って海外からの輸入品が多く、また鮭は生食することができず加熱してから食べますが、サーモンは生食できるという違いもあります。
▼こちらも意外な魚の豆知識!

生物学上は鱒も鮭!

鱒とは「サクラマス」「カラフトマス」「ニジマス」などの複数の種類の総称なのですが、生物学的には鮭とトラウトサーモン(ニジマス)に違いはないそうです。 それでは、なぜ鮭や鱒というように、名前や呼び名が変わったのでしょうか。 昔から川に遡上する魚は鮭とサクラマスだけだったのですが、北海道の開拓が進むに連れ、遡上する魚が増えてカラフトマスという別の呼び名も必要になってきたそうです。さらに遠方へ漁業が広がり、ベニマスやギンマスという種類が出てきました。しかしマスよりも「鮭」という名前の方が高級感があったため、マスではなく、ベニザケ、ギンザケという呼び名に変わりました。 要するに、呼び名が違うだけで、元は鮭も鱒の一種だったのですね。

紅鮭、銀鮭……色々いるけど全部違う?

前述したように「鮭」と一口に言っても、育った環境の違いによって種類は様々です。ここでは、紅鮭や銀鮭など、鮭の種類の違いについてご紹介します。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS