豚汁の主な具材

ゴボウや大根、ニンジン、サトイモなど、豚汁に入れる野菜も根菜を中心にお料理されている場合が多いでしょう。そのほか、コンニャクや油揚げ、ネギ、豆腐、きぬさやなどを入れたり、サトイモではなく、ジャガイモを入れて甘みとボリュームのある汁物にしていることもあります。

地域によって異なる呼び方

豚汁は地域や人により「とんじる」または「ぶたじる」と呼ばれています。同じ地域であっても呼び方が別れることもありますが、関西や東北、九州の南部では「ぶたじる」、関東では「とんじる」と呼ばれることが多いようです。 「けんちん汁」を「豚汁」と呼ぶことは少なくても、逆に「豚汁」を「けんちん汁」と呼んでいる人は少なくないみたいですね。

けんちん汁の基本的な作り方

鍋にごま油を熱し、具材を入れて強火で炒めます。全体に油がまわったら、出し汁を加え、具材がやわらかくなるまで煮込みます。豆腐を入れて弱火で火を通してから火を止め、きざみショウガとネギを添えて完成。最後に加えるショウガが味のポイントです。野菜を煮込んで味が染みわたり味わい深い風味に仕上がります。
野菜たっぷりの「けんちん汁」は食べ応えもあり、繊維質もたっぷり。根菜類が体を温めてくれるのも嬉しいお料理です。

豚汁の基本的な作り方

豚肉はひとくちサイズにカットし、ゴボウは泥を洗い流して斜め切りかささがきに。根菜類はアクが強いので、アクを取りながら強火で煮込みます。豚肉と油揚げを入れ、豚肉の色が変わったら味噌と醤油の調味料を加えます。飾りにキザミネギを散らして盛り付けると彩り豊かに。
豚汁の具材はけんちん汁とほぼ同じですが、豚肉が加わることによってタンパク質も摂れますね。ひとつのお椀にお野菜もこんにゃくもお肉も入っていますから、食欲のない時にも、これだけ食べればなんとか元気になりますね。

豚肉で一変!けんちん汁か豚汁か

けんちん汁について、また豚汁の違いについていかがでしたか?似ているふたつですが、豚肉が入っていると入っていないとでは全然違いますよね。「けんちん汁」は精進料理ですから豚肉は基本入れません。とはいえどちらもおいしい汁物。 一般的にはあまり難しく考えずに、好きな時に好きなように食べればよいでしょう。とくに豚汁は具材や味付けもお好みでいろいろなアレンジができますから、お好きな野菜や素材を組み合わせておいしい豚汁をたのしみましょう。
▼こちらもおすすめ!根菜がメインの味噌汁レシピ
Photos:4枚
けんちん汁と豚汁の違い
どっちもおいしいジャバニーズスープ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS