ローディング中

Loading...

穴子といえば、スーパーで焼き穴子をとして見かける人が多いはず。うまみの多い魚なので、和風のみならず洋風の味付けでも合います。また、コツをつかめば、生の穴子をさばくこともできますよ。今回は、定番の穴子丼や天ぷらなど人気レシピを紹介します。

穴子の贅沢レシピを紹介

穴子は年間を通して楽しめる食材で、淡白な味わいが好まれています。癖がない分どのようなお料理にしても楽しめるため、和食の定番食材でもありますよ!穴子はさばいた状態で販売されていることも多いのですが、今回はそのさばき方と基本のレシピ、そして穴子を使ったごちそうレシピもご紹介します。

穴子のさばき方

生の穴子は開いた状態で売られていることが多く、お魚屋さんであれば頼めばお店で開いてもらうこともできます。開いただけのアナゴの場合、ぬめりを取るなどきちんと下処理することで生臭がなくなり、お料理した時の仕上がりが違ってきます。

1.腹の骨が残っているので、包丁の切っ先で肛門側から頭の方に向かって薄くすくうようにとります。この時に血合いを一緒に取ります。
2.背びれと腹びれをそぎ取ります。皮は穴子のおいしい部分ですので、できるだけひれだけを取るようにします。
3.頭を落とします。(穴子の頭からはだしが取れます。料理をするときに使えますので取っておきます。)
4.穴子のぬめりを取るために、皮に熱湯をかけて冷水にさらした後、包丁のみねを使ってこそぎ取るようにとっていきます。ぬめりは生臭さの元ですので、必ず取るようにしてください。

穴子のひらき方

慣れてきたら、しめただけの穴子を開くことにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
穴子をひらくには少しコツがいります。細長くて表面にぬめりのある穴子をうまくひらくには、目打ちでしっかりと固定して作業をします。目打ちは、腹側の首の付け根側から入れてまな板に固定します。
(※目打ちがなければ、大きめの釘やアイスピックでもOKです。打ち込むので木製のまな板が必要になります。)

1.背中側から包丁を入れ背骨に沿って尾の先まで滑らすようにして開きます。
2.中骨の真下に包丁を差し入れ、ゆっくりと尾の方に向かって薄くそぐように包丁を滑らせます。

ポイント: 穴子の背中の角度が45度くらいになるようまな板に固定します。

白焼きに穴子丼、天ぷらも!定番レシピ8選

和食には穴子の定番料理がたくさんあります。ここでは、和食でおなじみの穴子料理レシピをご紹介していきます。

1.穴子の白焼き

穴子のぬめりを熱湯でとり、フライパンで両面をこんがりと焼いています。表面のかりっとした食感と、身のほろりと甘い食感の両方が堪能できるシンプルで素材のうまみを感じる料理です。

塩とわさびをのせてシンプルに食べると穴子のおいしさを堪能できます。

2.じっくり漬け込む、煮穴子

丁寧に煮穴子を作るには、クッキングシートを使って弱火でゆっくりと煮て、味をなじませるために煮あがったあとも煮汁に浸したまま冷ますことです。煮汁に漬け込んでいる間にじっくりと味が実の奥まで入っていきますよ。

お出汁がしみこんだ柔らかい穴子は絶品ですよ!また、煮る前には生臭さの原因になるぬめりをしっかりと取ります。

3.ふんわり卵入り♩焼き穴子丼

炒り卵と白ごま、しそと穴子をのせた食べごたえ抜群な穴子丼です。焼き穴子は甘辛しょうゆのたれで炒めてしっかりと御飯に合う味付けにします。穴子を煮たたれを仕上げにかければ、ご飯全体煮穴子のうまみがいきわたります。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

春巻きの皮を使ったスイーツレシピのまとめ「10」選

春巻きの皮はスイーツに使える、とは聞いても、具体的にどんな使い方をすればいいの?と思っている方もいらっしゃると思います。そんな方に見てほしい、春巻きの皮を使ったスイーツのレシピを紹介します♪

マンネリしらず!毎日でも飽きない冷奴の人気アレンジレシピ30選

つるんとおいしい冷奴。実は少しの工夫で食べ応え十分な、メインのおかずになります。オリーブオイルをかけた洋風なものから定番の和風、韓国風まで、今回はバリエーション豊富なレシピを30選!どれも簡単な時短レシピなの…

さっぱり「おろしポン酢」で食べる♩夏のおすすめレシピ10選

暑い夏は食欲が落ちてしまいがちですが、今回はさっぱりといただけるおろしポン酢を使ったレシピをご紹介!お肉や揚げ物などのスタミナメニューでも食べやすくなりますよ。おろしポン酢自体も作るのはとっても簡単ですから、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

焼くより繊細!グリルの正しい使い方&オーブンとの違い

料理でよく使われるグリル。でも実はグリルの定義があいまい、ということはありませんか?グリル=焼くは間違いではありませんが、グリルは焼き方のひとつです。グリルとはどういう焼き方なのか、グリルを使う際のポイントや…

連載記事

チンゲン菜まきまき♩「豚バラの角煮風」ならサッと炒めてすぐできあがり!

甘辛い味つけと、豚肉のトロッと柔らかな食感がたまらない角煮。メインのおかずにしてもおつまみにしてもおいしいですが、作るのに時間がかかってしまうのが難点ですね。そこで今回ご紹介するのは、すぐに角煮が食べたいとき…

作り置きOK!「ミートソース」のレシピ&アレンジ3選

子どもから大人まで人気のパスタと言えば、ミートソースですよね。今回は、基本のレシピや簡単なコツ、さらにアレンジレシピもご紹介。冷凍ストックしておくこともできるんですよ◎ おいしいミートソースを作って、いろいろ…

ページTOPに戻る