12. 香りよくまろやか。ゆず皮と塩麹漬けの穴子焼き

下処理した生の穴子に、ゆず皮細切りと塩麹をもみ込み、冷蔵庫で2~3日漬けこみます。あとは焼くだけでおいしいおつまみが完成。レシピではグリルを使用していますが、トースターにアルミホイルを敷いて焼いてもかまいません。日本酒だけでなく、辛口の白ワインにも合いそうですね。

13. 熱々のつゆをかけて。穴子と豆腐の湯葉包み揚げ

焼き穴子を木綿豆腐でサンドし、湯葉で包んでから油で揚げる、おつまみにぴったりなひと品。甘めの和風つゆをたっぷりかけて、豆腐を崩しながら食べると、日本酒がいくらでもすすむこと間違いなしですよ。湯葉の上に刻みねぎを天盛りにして、七味唐辛子をかけていただきましょう。

14. 中も外も穴子だらけ!高砂にくてん風コロッケ

兵庫県高砂市では、すじ肉とこんにゃく、じゃがいも入りのお好み焼きを「にくてん」と呼びます。すじ肉を穴子に代えて、にくてん風の具材で作る変わり種コロッケのレシピです。じゃがいもの中も外も、穴子を使用するユニークな揚げ物。思わずビールが飲みたくなること受け合いですよ。

15. チップで簡単に燻製。穴子とチーズのスモーク

アウトドアで使われることが多い燻製チップがあれば、家庭の中華鍋で簡単にスモークを作ることができます。レシピでは焼き穴子とチーズをスモークしますが、ソーセージやゆで卵などをプラスしてもOK!燻した香りをまとった穴子のおいしさを、赤ワインがより一層引き立ててくれます。

【主食】穴子の人気レシピ5選

16. 一本丸ごとで作るごちそう。煮穴子の棒寿司

見た目も華やかな、穴子の棒寿司を作るレシピです。甘めのしょうゆ調味液で煮穴子を作りますが、市販の白焼きを使用すると、煮くずれしにくいのできれいに仕上がります。もちろん下処理した生穴子を煮て作ると、さらにおいしいですが、巻くときにつぶれないよう気をつけてください。

17. 普通の作り方と電気圧力鍋のふた通り。穴子丼

レシピでは生穴子を鍋で煮る方法と、電気圧力鍋の低温調理機能を利用する、ふたつの作り方を紹介しています。どちらの調理法でもいいですが、穴子は火が通るとすぐにやわらかくなるので、時短で仕上げるなら普通の作り方がおすすめ。もちろんこんがり焼いた蒲焼き丼もおいしいですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ