2.ごま油

味噌汁の隠し味の王道とも言えるごま油。いつもの味噌汁にごま油を加えるだけで香りとコクが一気にアップします。 ごま油を使用する際は、味噌汁を仕上げる直前に2~3滴たらしましょう。豚汁のような具だくさんの味噌汁を作る際におすすめの隠し味です。さらににんにくもプラスすれば、食欲も増しますよ。

味噌汁に合う隠し味【乳製品】5選

「お味噌汁に乳製品?」と思う方もいるかもしれませんが、実はこれが意外と合うのです!いつも同じような味付けになってしまい、マンネリ化している方はぜひ試してみてくださいね。

1.ヨーグルト

味噌汁にヨーグルトを入れることで、深い味わいとコクが加わります。一度試すとクセになってしまう方も多いのだとか。 ヨーグルトを入れる際は、味噌3:プレーンヨーグルト1の割合で加えましょう。あらかじめ味噌とヨーグルトを混ぜ合わせておけば、ヨーグルトがダマになるのを防げます。あとは、いつものお味噌汁を作る要領で作り進めましょう。

2.牛乳

味噌汁に牛乳をプラスすると、和風クリームシチューのようなまろやかな味わいに仕上がります。豆乳と比べるとクセも少ないため、お子様にもおすすめです。 牛乳の量はお好みで調節してくださいね。相性の良い具材としては、キャベツやにんじん、じゃがいもなど。鮭などをプラスしても食べ応えのある一品になりますね。

3.バター

味噌バターラーメンがあるように、お味噌とバターの相性は抜群!いつものお味噌汁にバターを加えることでコクがグッとアップし、濃厚な味わいになります。 水200~300mlに対し、バター1掛けを目安に加えましょう。あらかじめ味噌と混ぜておいてもよいですが、味噌バターラーメンのように仕上げにバターを落とすのでも構いません。お味噌汁の具材としては、キャベツや玉ねぎ、にんじん、じゃがいもなどがおすすめです。

4.生クリーム

「お味噌汁に生クリーム?」と驚く方もいるかもしれませんが、実はこれが意外と合う!濃厚な味わいを楽しみたい方におすすめの隠し味です。 乳製品の中でも乳脂肪分が高いことから、濃厚でクリーミーなシチューを食べている感覚を味わえます。ビーフシチューのように仕上げに2~3滴たらすのでもよいですが、より濃厚さを追求したい場合は、お水の量を少し減らして生クリームを加えましょう。 相性の良い具材としては白菜、キャベツ、にんじん、玉ねぎなど。シチューに使われる野菜をイメージいただくと良いかもしれませんね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS