未体験の味に出会う!味噌汁の隠し味【食材・調味料・オイル】厳選20

私たちの食生活に欠かせない味噌汁がマンネリ化してる……そんな方におすすめの隠し味をご紹介します。いつもの味噌汁をより一層おいしくする隠し味を、調味料やオイル、変わり種など、カテゴリー別に計20個厳選しました!

2017年10月3日 更新

1.醤油

味噌も醤油も原材料は同じ大豆。これは合わないわけはありませんよね。いつものお味噌汁を作る際、仕上げに醤油を2~3滴たらすだけでコクと旨みがアップします。ただし、醤油は塩分も多いので入れすぎには注意してくださいね。

2.みりん

煮物料理などに欠かせない調味料、みりん。味噌汁に加えることで味噌のしょっぱさが軽減され、まろやかで優しい味わいに仕上がります。

味噌汁を仕上げる直前に小さじ1程度加えて軽く混ぜましょう。味に大きな変化はなく、味噌汁本来の味わいの邪魔をしないため、具材の制限もありません。豆腐やわかめなどの定番の具材からトマトなどちょっと変わったものまで……どのような味噌汁にも使える万能調味料です。

3.料理酒(日本酒)

和食に欠かせない調味料、料理酒。料理酒を加えることでコクがグッとアップしますよね。いつもの味噌汁をよりいっそうおいしくしたい場合も、ぜひ料理酒を活用しましょう!

ラー油やケチャップのように、味そのものに大きな変化はありませんが、出汁や素材の旨みがより一層引き立ちます。仕上げに2~3滴たらすのでも構いませんが、お子様や妊娠中の方など、アルコール分が気になる方は味噌を入れる前に加え、さっと煮立たせましょう

4.めんつゆ

味噌汁の隠し味として最も使われることが多い調味料、めんつゆ。めんつゆには、だし汁が多く入っているため、仕上げに2~3滴たらすだけで旨みがグッとアップします。しっかりと出汁を取る時間がなかった時や、粉末の出汁を切らしていた場合などはめんつゆで代用できますね。どのような具材にも使えます。

5.お酢

味噌汁にお酢を加えると、味噌の角が取れてあっさりとした味わいに。ただ、入れすぎるとお酢の酸味が勝ってしまうため、仕上げに2~3滴たらす程度にしておきましょう。相性の良い具材としては、もやしやキャベツ、にんじんなどがあります。

6.砂糖

味噌汁に砂糖を少しプラスするだけで、味噌のしょっぱさと角がなくなり、まとまりのある優しい味わいに仕上がります。ただし、入れすぎると甘みが勝ってしまうため、小さじ1程度を目安に加えましょう。相性の良い具材としては、キャベツやにんじん、かぼちゃなどがあります。
2 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう