未体験の味に出会う!味噌汁の隠し味【食材・調味料・オイル】厳選20

私たちの食生活に欠かせない味噌汁がマンネリ化してる……そんな方におすすめの隠し味をご紹介します。いつもの味噌汁をより一層おいしくする隠し味を、調味料やオイル、変わり種など、カテゴリー別に計20個厳選しました!

2017年10月3日 更新

味噌を入れるタイミングと火の止め方

具材を入れるタイミングについてご紹介しました。この他、おいしい味噌汁を作るには、お味噌を入れるタイミングと火の止め方も大切です。

だし汁が沸騰し始めたら火を弱火にしましょう。具材の芯まで火が通っていることを確認し、だし汁の沸騰がおさまったら味噌を溶き入れます。味噌を溶き入れたら再度火を入れ、沸騰直前に火を止めましょう。沸騰させてしまうと味噌の風味が損なわれてしまいますので注意してくださいね。

粉末のだし汁を使う場合は、上記と逆の手順をとり、味噌を溶き入れた後にだし汁を入れてください。
▼味噌汁の賞味期限って、どのくらい?

味噌汁に合う隠し味【調味料】10選

基本の味噌汁の作り方を抑えたところで、次はいつもの味噌汁がより一層おいしくなる隠し味をご紹介します。まずは、調味料から見ていきましょう。

1.醤油

味噌も醤油も原材料は同じ大豆。これは合わないわけはありませんよね。いつものお味噌汁を作る際、仕上げに醤油を2~3滴たらすだけでコクと旨みがアップします。ただし、醤油は塩分も多いので入れすぎには注意してくださいね。

2.みりん

煮物料理などに欠かせない調味料、みりん。味噌汁に加えることで味噌のしょっぱさが軽減され、まろやかで優しい味わいに仕上がります。

味噌汁を仕上げる直前に小さじ1程度加えて軽く混ぜましょう。味に大きな変化はなく、味噌汁本来の味わいの邪魔をしないため、具材の制限もありません。豆腐やわかめなどの定番の具材からトマトなどちょっと変わったものまで……どのような味噌汁にも使える万能調味料です。
2 / 8
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう