保存期間

熟したアボカドを半分に割り、種と皮を剥いた状態にし、レモン汁をからめてからぴったりとラップで包んで冷凍庫に入れましょう。 また、スライスしたりダイスカットしたもの、ペースト状にしたものも冷凍保存が可能です。ジッパー付き保存バッグにレモン汁と一緒に入れ、空気をしっかり抜いてから冷凍しましょう。ディップやサラダなどにすぐ使えて便利ですね。 上手に保存できれば、1ヶ月程度は持つそうですよ。

保存温度

いつも使用している冷凍庫に入れて大丈夫です。解凍する際は電子レンジなどを使用せず、自然解凍しましょう。

切る前のドキドキとさよなら!食べ頃のアボカドの見分け方

ここまで保存の方法についてご紹介してきましたが、次は食べ頃のアボカドの見分け方を見ていきましょう。どれぐらいを「食べ頃」とするかはアボカドをどう使うかによって変わってきますが、サラダなどにも使え、生食できるぐらい熟したものとはどういった状態のことを言うのでしょうか。 それは、皮が緑から黒に変わった頃で、軽く押してみると少し柔らかいけど弾力がある状態です。ディップやソースにする場合はさらに完熟したものを使用するとよいそうですよ。

まだ熟していないものを買ったら追熟しよう

さて、アボカドは熟していない時に収穫されるのが一般的だとお伝えしましたが、購入したアボカドを食べ頃まで熟させるにはどのようにすればよいのでしょうか。 多くの果物と同様、アボカドは植物ホルモンのエチレンを生成し、それによって熟成が進みます。より速く熟成させたい場合は、エチレンガスを発生させるリンゴやメロンなどの果物と一緒に保存しておくとよいでしょう。その際の温度は20度がベストです。 冬は温度が低く追熟が遅いため、このような方法が早く食べ頃にするポイントですね。逆に夏は気温が高いためにすぐに追熟されますので、過熟にならないように気を付けてください。熟したアボカドは冷蔵庫に入れると追熟がストップし、そのままの状態で保存ができますよ。

購入時に知りたい!長持ちするアボカドの特徴って?

食べ頃の見分け方は分かりましたが、なかなかそのような状態で売られていないのがアボカドの実状。ですが、スーパーや青果店などでより長持ちするアボカドを選ぶポイントがあるのです!購入時からしっかり見極めて質のよいアボカドを選びましょう。

綺麗な形

どうせ切ったりペースト状にするし形は関係ない...と思っていませんか。実は、おいしいアボカド選びには形も重要なのです!アボカドを購入する際は、キレイな涙型になっているものを選びましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ