固いときでも大丈夫!アボカドを柔らかくする方法と救済レシピ

アボカドをいざカットしてみたら固い……なんて経験ありませんか?今回はアボカドを柔らかくする方法や、固いアボカドもおいしく食べられるレシピなどまとめてご紹介します。アボカド好きは知っておきたい、目からウロコな豆知識ばかりですよ!

アボカドが固いときはどうしたらいい?

アボカドを買って帰ったものの、まだ硬くてがっかりしたことはないですか?せっかくあのとろっとした食感を楽しみにしていたのに……。そんなときみなさんはどのようにしてやわらかく、追熟させるのでしょうか?裏技をいくつかご紹介しますね。

その前にアボカドをおいしく味わえる、ちょうどいいタイミングの見分け方をご紹介します。

食べごろのアボカドを見分ける方法って?

固いアボカドを切ってしまう前に、まず選び方や見分け方のポイントを確認しておきましょう。形が美しく皮の部分につやがあり、ヘタと皮の間に隙間がないものを選ぶといいでしょう。皮がまっ黒くしわが寄っているものは熟しすぎているんだとか。

またヘタがとれてその箇所が黒くなっているものは、果肉が変色している可能性があるので買わないようにしてくださいね。すぐに食べたいときは黒みがかっているアボカドを選ぶようにしましょうね。

固いアボカドを柔らかくする方法

1.りんごと一緒に袋に入れる

りんごと一緒に袋に入れておけば、エチレンガスの効果によって普通に置きっぱなしにしておくより早くやわらかくなるんです。このやり方はキウイ・バナナの追熟にも利用できますよ。

2.バナナをそばに置いておく

りんごと同様にバナナもエチレンガスの効果で、アボカドをやわらかくしてくれるそうです。こちらもりんごと同様にほかの果物の追熟にも使うことができますよ。

3.冷蔵庫の上にのせてみる

アボカドをちょうどいい硬さにする最適温度は25度。実は冷蔵庫の上が25度ぐらいだそうなんです。冷蔵庫の上に置いておくのもひとつの手段です。

4.電子レンジで加熱する

買ったアボカドの熟している程度を見て、電子レンジで加熱してやわらかくする方法もあります。かなり固いものであれば2,3分レンジで加熱したという意見もみられました。お使いのメーカーによっても加熱時間はちがってくると思いますので、少しづつ様子を見ながら加熱しましょう。

5.新聞紙に包んで1日置いておく・ホイルに包んで冷蔵庫に

新聞紙で包んで1日置いておくと早くやわらかくなるそうです。アルミホイルでアボカドを包んで冷蔵庫に入れておいてもいいそうですよ。アボカドをカットしてからでもアルミホイルで包めば変色もしないんだとか。

6.日当たりのいい窓辺に置く

日光がよく当たる窓際にアボカドを置きましょう。1,2日でやわらかくなって食べられるんだそうです。
以上、固いアボカドをやわらかくする方法でした。いろいろな工夫がたくさんありましたね。しかし固くても今すぐ食べたい!置いておく時間も無い!という方のために、固いアボカドでもおいしく食べられるレシピをご紹介します。

特集

SPECIAL CONTENTS