「アボガド」と「アボカド」どっちの発音が正しい?言葉の変化の理由

森のバターとも呼ばれるアボカドですが、アボガドと発音している方も多くどっちの発音が正しいのかと疑問に思った方も多いのではないでしょうか?この記事では、アボカドの世界の発音についても着目しており、アボカドの発音問題について真相に迫ります!

アボカドの発音って……

みなさんは、こちらの食べ物のことを「アボカド」「アボガド」のどっちで発音しますか?どちらが正しいのかと気になった経験はないでしょうか。とっても些細なことのようにも思えますが、人に正しく伝えるためには必要な知識だといえますね。

この記事では、アボカドとはどのような食べ物なのかをはじめ、疑問の解答、世界の発音など、アボカドについての情報をご紹介いたします。

女性にも大人気の「アボカド」

アボカドは、世界一栄養価が高い食べ物としてギネス記録に認定されています。「森のバター」の別名を持つ食材としても有名ですが、そもそも何故そのような別名がつけられたのでしょうか?

アボカドはなぜ「森のバター」と呼ばれている?

アボカドの栄養分の特徴は、約20%が脂肪で構成されていることです。脂肪と聞くと、太るのではないかと感じられる方もいらっしゃいますが、アボカドに含まれる脂肪は不飽和脂肪酸と言い、肥満に繋がりにくいとされています。腸内環境を整えることにも繋がり、善玉菌を増やす効果も期待できるそうです。

このように豊富な脂肪を含んでいることから、濃厚でクリーミーな味わいが楽しめるのです。豊富な脂肪分がために、料理の際にバターとして代用されるケースも多いことが別名の由来となっているようですね。

世界一、栄養価が高い果物⁉︎

アボカドは11種類のビタミン・14種類のミネラルを含んでおり、この数値は世界で食べられている果物の中で第1位の値です。なかでもビタミンB2とビタミンEの数値が高いことが有名であり、ビタミンB2については脂肪を分解する働きを持っています。

他にも抗酸化作用が高いグルタチオンを多く含むことで肝臓を保護したり、食物繊維が多いので便秘予防に繋がったり、葉酸を豊富に含むことから細胞増殖に効果的であったり……とにかくたくさんの効能があるのです。

正しい発音はアボカド?アボガド?

日本語では、英語の表記が「avocado」と書くためアボカドと発音するのが正しいとされています。しかしながら各地の方言の関係でアボガドと言った方が自然だったり、カの前がボであるために濁点が続いた方が発音しやすかったりといった理由で、アボガドと発音する方が増えてきてしまったのが現状です。

両方の表記が浸透してしまっている関係で、インターネットなどでは両方の表記を記載することで、どちらの表記で検索しても情報が調べられるようになっていますよね。

ちなみにgoogleの翻訳機能を用いて発音を確認してみると、「アボカド」という発音に聞こえますが、若干ガの発音も濁って聞こえるようにも感じます。

世界の言語における「Avocado」の発音

韓国語「아보카도」

発音すると日本同様「アボカド」となりますが、読み方のイントネーションとしては、若干違って聞こえます。韓国語にすると、3音目のカの音が少し下がって聞こえ、4音目のドで元に戻るような発音となっています。

イタリア語「avocado」

こちらも発音するとカの発音になりますが、3音目の次がのばした発音になり「アボカード」と聞こえます。スペルとしては英語と同じものなので、メニューで見てもアボカドを食材として使っているのが分かりやすいですね。

ロシア語「авокадо」

ロシア語については「アボガド」という発音に聞こえます。дは顔文字の一部で使うこともある文字ですが、ロシア語では普通に1つの文字として読めてしまうんですね。英語のBが小文字として使われているのも不思議な感じです。

ポルトガル語「abacate」

ポルトガル語では発音すると「アバカージ」というように聞こえます。アバカージと言われても日本人からすると一致しない可能性が高く、スペルを見てもアボカドの食べ物は想像できないですね。ポルトガル語を使う国に行く時には、覚えておく必要がありそうです。

特集

SPECIAL CONTENTS