ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

アボカドをレンジ加熱するメリット・デメリット

Photo by Uli

メリット

アボカドを電子レンジで加熱すると、食感がやわらかくなります。切ってしまったアボカドは追熟できないので、硬かった場合は電子レンジでやわらかくする方法が便利ですね。また、短時間であれば変色を抑える効果もあるため、食卓やお弁当を彩るアボカドの変色を防ぎたいときにもおすすめ。

デメリット

熟したアボカド本来の濃厚な味わいと比べると、電子レンジで加熱したアボカドのおいしさは劣ります。加熱することで食感は熟したアボカドに近づきますが、風味や旨味が増すわけではありません。さらに加熱後のアボカドは、きれいに切りそろえたり、冷たい料理に使用したりするのがむずかしくなることもあります。

硬いアボカドをレンジでやわらかくする方法

Photo by Uli

アボカドを電子レンジで加熱して、やわらかくする方法をご紹介します。加熱ムラを最小限にするため、切ったアボカドは半分ずつ加熱するのがポイント。加熱後のアボカドはとても熱いので、粗熱がとれてから皮を剥きましょう。

用意するもの

Photo by Uli

・アボカド
・耐熱容器(皿)
・ラップ

手順

1. アボカドを半分に切る

Photo by Uli

アボカドを皮ごと半分に切り、種を取りのぞきます。種が取りにくければ、スプーンでくり抜きます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ