ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

黒いアボカドは食べられる?

栄養価の高い果物として有名なアボカド。クリーミーで濃厚な味わいから、好きでよく食べる方も多いのではないでしょうか。ただ、いざ食べようと思って切ってみると、断面が黒くなっていることも。これは傷んでいるのでしょうか。

この記事では、アボカドが黒くなる原因や、食べても問題がないかなど、アボカドにまつわる疑問について解説します。

アボカドが黒くなる原因は?

アボカドが黒く変色する原因は、ポリフェノールと空気中の酸素が酸化酵素(ポリフェノールオキシターゼ)によって結びつけられて褐色するため。

全体ではなく筋や点のように黒くなるのは、種子に栄養素や水分を運ぶ “維管束(いかんそく)” と呼ばれる管のみが変色しているからです。人間で例えると血管のようなものですね。維管束は黄緑色の果肉に比べると酸化しやすいため、部分的に黒く変色するという現象が起きます。

黒い筋や点がある=傷みではない

買ってきたばかりのアボカドを割ってみると、すでに黒い筋や点があることも。しかし、アボカドの果肉自体が黄緑色なら問題なく食べられます。

メラニン色素は日焼けや肌のシミ、そばかすの原因としてもよく耳にしますよね。人間の肌と同様、自然に作り出される成分です。

野菜や果物が変色していると傷んでいると思いがちですが、アボカドに黒い筋や点がある=傷みではありません。

アボカドは腐るとどうなる?

黒い筋や点ではなく、果肉全体が黒くなっている場合は要注意。

さらに、腐ると果肉が黒くなるだけでなく、味が酸っぱくなり、ツンとした異臭がします。切ったときに実が崩れるほどやわらかくなりすぎている場合も腐っている証拠です。買ってきてまだ日がそれほど経っていないとしても、食べるのを控えましょう。

新鮮なアボカドの選び方

ヘタと皮の間に隙間がない

アボカドはヘタの方から熟していくので、ヘタの部分で熟し具合の判断ができます。指で押してみて、ぷよぷよするものやヘタが取れてしまっているものは避けましょう。 実の部分は空気に触れると酸化して黒くなるのですが、皮からは空気に触れないのでヘタと皮の間に隙間があるものは要注意です。実が空気に触れることができる状態なので傷みやすいアボカドです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ