揚げ油の正しい保存法は?保存期間やおすすめ容器を知って賢く再利用

出来立てサクサクの揚げ物は本当においしいですよね!でも、自宅で揚げ物を作りたいけれど、揚げ油の保存方法や保存期間、意外と知らないですよね。今回は、揚げ油の保存方法や保存期間、おすすめ容器をまとめてご紹介します!

2018年12月4日 更新

ペットボトル

一家にひとつは必ずあるであろう、ペットボトル。ですが、ペットボトルは耐熱性がないのでよく冷めてから入れるようにしましょう。やけどにも注意してください。また、耐熱性だけでなく、遮光性も無いのでアルミホイルで巻いて遮光してから使うようにしてくださいね。

牛乳パックなどその他

朝食などに欠かせない牛乳。ペットボトル同様、必ずひとつはあるであろう牛乳パック。牛乳パックなどを使いたくなる気持ちもありますが、これは油が滲んできてしまうのと、蓋をしっかり締められずに酸化してしまうのでやめましょう。また、耐熱性もないため、やけどの恐れもあり、危険です。

保存場所について

揚げ油の保存容器についてご紹介しました。これらの容器を使って処理した揚げ油は、暗くて涼しい場所に保存しましょう。その際、あまり湿度の高いところは避けてくださいね。 一度使った油は、未使用のものに比べると傷みやすくなっていますので、なるべく早く使うようにするのも忘れないでくださいね。

揚げ油の保存期間

揚げ油の保存期間ですが、いったいどれぐらいの期間保存が可能なのでしょうか。 適切な保存方法をした場合でも、保存期間は2~3週間、使用回数は3~4回が目安になります。ですが、1回の使用でも作った料理や量によっては油の汚れ具合が異なりますし、冬か夏かなど季節や保存状態によっても変わってきます。そのため、あくまで期間や回数は目安にして、次に紹介する廃棄の目安を頭に入れておいてくださいね。 酸化した油は「油臭い」とネガティブに形容されますが、その通り体にも良いものではありません。せっかく揚げたての料理を作っても、油が劣化していてはおいしい揚げ物になりません。よりサクサクの食感を味わうためにも、ぜひ気を付けたいポイントですね。

油の廃棄の目安は?

残った揚げ油はもちろん、一般的に開封後の油は光・熱・酸素などによって劣化していきます。酸化した油には、調理時に不快なにおいがしたり、色が濃く濁ったり、泡が消えないなどのサインが出てきます。下記のような状態になったら、思い切って残った揚げ油や使いかけの油は捨ててしまい、新しいものに変えましょう。

濁りが濃い

揚げ物がなんだか焦げやすかったり、お鍋の底がみえないほどに油が濁ってきたら取り替えましょう。特に、魚などの揚げ物をすると着色が強くなるようですので注意してくださいね。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS