こんにゃくは賞味期限切れでも「1年」は持つ奇跡!秘訣は正しい保存にアリ

ヘルシー食材として人気のこんにゃくですが、賞味期限がびっくりするほど長いことをご存知ですか?あまりも長いとたくさんの添加物が入っているのではと気になりますよね。今回は、賞味期限が長い理由や開封後の賞味期限、保存方法などをご紹介します。

こんにゃくの賞味期限はどれくらい?

こんにゃくといえば、低カロリーで食物繊維を多く含むため、ダイエット効果が期待できる食材として人気です。価格も購入しやすく、食べごたえがあるため満足感が得られやすいのも魅力ですよね。そんなこんにゃくですが、賞味期限がどれぐらいかご存知ですか?こんにゃくの賞味期限は驚くほど長いのです。
では、なぜこんにゃくの賞味期限は長いのでしょう。食品添加物や防腐剤がたくさん入っているとしたら、怖いですよね。そして、パッケージを開封した後はどれくらいもつのでしょうか。今回はこんにゃくの賞味期限が長い秘密と、開封後も長く食べることができる方法をご紹介します。

1年後にも食べられる!?

開封前のこんにゃくの賞味期限は、30~90日というのが一般的なようです。約3か月も持つとは驚きですね。ただ、賞味期限とはあくまでも美味しく食べられるための期限であって、期限が来たからと言って直ぐに腐るものではありません。
こんにゃくの場合、衛生的にパックされており、高温にして殺菌処理されていますので、開封せず、高温下で保管したり保存状態が過度に悪くなければ賞味期限より半年~1年過ぎても腐ることはないようです。この長さにはさらに驚きですよね。冷蔵庫の端っこで忘れられ、賞味期限が少し切れているからと捨てられていたこんにゃくも、きっと食べることができるでしょう。

実はパックに入っている水に秘密が

さて、こんにゃくの賞味期限が長すぎると、嬉しい反面気になることもあります。それは、防腐剤がたくさん入っているのではないかということです。1年も大丈夫だなんて防腐剤が多すぎて体に悪いんじゃない?と、食べるのが怖くなりますよね。
ですが、実はこんにゃくがこれほどまで長く日持ちするのには防腐剤などの添加物ではないのです。それは、パックに入っている水に秘密があります。

その秘密とは、こんにゃくがアルカリ性の食品であるということです。
なので中に入っている水もアルカリ性なのです。アルカリ水は殺菌作用があるため、この水につけておくことで長く保存できるということになります。防腐剤が入っているわけではないと知ると今後も安心して食べることができますね。

開封してしまったこんにゃくの賞味期限は?

一般的に、開封後のこんにゃくの賞味期限は数日と言われていますが、パックに入っていたお水ごとタッパーなどの密閉容器に移すと日持ちさせることができます。既に水を捨ててしまった場合は水道水で構いませんが、その際は2~3日に1度水を取り替えるようにしましょう。

開封後も賞味期限をのばしたい

特売日に買ってきた大きなこんにゃくや、こんにゃくをメインで使わないおかずの場合はどうしても余ってしまうことってありますよね。最近では食べきりサイズのものも多く販売されているため、残りにくくなっているかもしれませんが、余ってしまった場合に少しでも食べられる期間を延ばしたいもの。そんなときに使える保存方法を2種類ご紹介します。

冷蔵庫で

まず冷蔵庫で保存する方法です。必要なものは、やはりこんにゃくを購入したパックに入っていたアルカリ水です。密封できるタッパーにこんにゃくとアルカリ水を入れ、しっかりふたをして冷蔵庫で保存しましょう。この状態であれば、1週間~1ヶ月は持つようです。
タッパーがないという場合はボウルに入れてラップをするのでも大丈夫です。アルカリ水を捨ててしまった場合は、先ほどもお伝えした通り、普通の水道水でも構いません。こんにゃくの入っていた袋にこんにゃくを戻し、開けた口を2~3度折り返して食品の袋を閉じるクリップで止めて冷蔵庫のポケット部分に立てて保存するのでもよいでしょう。倒れることが心配な場合は、やはり容器に入れて保存することをおすすめします。

こんにゃくは冷凍保存できるのか?

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう