未開封なら?デリケートな豆乳の賞味期限と期限切れ直前おすすめレシピ

健康や美容効果が高く、女性を中心に人気の豆乳。ですが、賞味期限が意外と短いのが難点です。そもそも豆乳は賞味期限を過ぎるともう飲めないのでしょうか。保存方法や、おすすめの活用法は?今回は、注目の食材、豆乳についてまとめてみました。

賞味期限切れの豆乳は飲んでもいいの?

栄養価の高い飲み物として、女性を中心に人気を集めている豆乳。豆乳には、大豆たんぱく、イソフラボン、レシチン、ビタミン類など、多彩な栄養素が含まれています。なかでも、イソフラボンは美容効果も期待できるとして注目されている成分です。また、牛乳などの代用品として豆乳を使っている人も多いのではないでしょうか。

スーパーやコンビニで手軽に変える豆乳ですが、店舗や豆乳の種類によっては、常温で置いてあったり、冷蔵コーナーにおいてあり「豆乳はどこで保存するのが正しいの?」「賞味期限が長くてびっくり!本当に大丈夫?」と不安に思っていた方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな疑問や不安を解消していきたいと思います。

賞味期限が切れたら飲まないで!

みなさんがご存じのように、食品には消費期限または賞味期限が記載されています。おそらく、豆乳には賞味期限が記載されていることが多いでしょう。

賞味期限は開封していない状態で一番おいしく食べられる目安です。そのため、賞味期限が切れたからと言って、口にしてすぐに体調不良をきたすものではないと考えられます。ですが、豆乳はとてもデリケートな食品です。基本的には賞味期限を守り、期限内に飲み切ってしまうようにしましょう。

豆乳の賞味期限

それでは、一般的な豆乳の賞味期限はどれぐらいなのでしょうか。豆乳の賞味期限は未開封と開封後では全く異なるため、注意しましょう。

未開封の場合

豆乳は、一般的に1ヶ月〜2ヶ月先の賞味期限が記載されていることがほとんどです。未開封であれば、中は無菌状態ですので、常温保存でも冷蔵保存でも賞味期限の日付までは腐ることなく、おいしくいただくことができます。

ですが、賞味期限内であっても風味は少しずつ落ちていくので、豆乳の風味や旨みを感じたい方はなるべく早く使うようにしましょう。

開封済みの場合

豆乳は上記でも述べたように、栄養がとても豊富に含まれているので、雑菌の繁殖が早く腐りやすい、デリケートな飲み物なのです。

開封後は冷蔵庫で保管し、出来る限り早く消費することを心がけましょう。目安としては2日〜3日で飲みきりたいですね。夏場などは、なるべく冷蔵庫から出している時間を短くし、温度が上がりやすい冷蔵庫の開閉ドアの近くに置かないようにするなど、少しでも腐敗がすすまないように気をつけてくださいね。

豆乳の保存について

それでは、豆乳はどのような環境で保存するのが好ましいのでしょうか。順番に見ていきましょう。

常温保存

豆乳は、未開封であれば常温保存が可能です。ただし、常温保存できると言っても、夏場などは、気温湿度ともに高くなり、菌が増殖しやすくなるため注意が必要です。大体15℃〜25℃、直射日光が当たらなく、風通しがいいところで保存するようにしましょう。

また、スーパーなどで冷蔵コーナーに売っている豆乳は、常温保存しない方が良いですね。一度冷蔵で保存されていたものは、常温に戻すと傷みやすくなるため、そのまま冷蔵で保存しましょう。

冷凍保存

豆乳は冷凍保存できますが、解凍した際にどうしても分離をしてしまうため、あまりおすすめできません。また、味も悪くなりますので、冷凍した豆乳は飲用ではなく、調理用に使った方が良いでしょう。ホワイトソースやアイスクリームなど、加工してから冷凍保存するのもおすすめです。

加熱した豆乳

豆乳は加熱をしても雑菌を完全に取り除くことはできないため、腐敗を遅らせたりすることは困難です。開封後は出来るだけ冷蔵庫で保管し、数日の間に飲みきりましょう

豆乳を廃棄すべきタイミング

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう